劇場版「おそ松さん」本予告公開 「おそ松くん」と「おそ松さん」をつなぐストーリーが描かれる

アニメハック

2019/1/8 21:00

(C)赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019
 人気テレビアニメ「おそ松さん」の劇場版「えいがのおそ松さん」の本予告が公開された。映像は、おそ松の「あの頃のオレたちには何もなかった」というセリフとともに、卒業式の場面からスタート。不思議な世界に迷い込んだ6つ子が、18歳の頃の自分たちと出会う様子が描かれている。また、Dream Amiが歌う主題歌「Good Goodbye」も収録されている。

2015年に第1期、17年に第2期がテレビ放送された「おそ松さん」は、故赤塚不二夫さんの名作ギャグ漫画「おそ松くん」のキャラクターが大人になった世界を舞台に、ニートになった松野家の6つ子の自堕落な日常を描いた人気アニメ。劇場版では「おそ松くん」と「おそ松さん」をつなぐストーリーが初めて明らかになるという。高校の同窓会にやってきた6つ子が、社会人となった同級生たちの前で、自分たちの冴えない現状を隠しきれず、やさぐれてしまう。帰宅後に酒をあおり、そのまま眠ってしまった6つ子は、翌朝迷い込んだ不思議な世界で18歳の自分たちと出会う。

あわせて、キャラクターデザイン・浅野直之によるメインビジュアルも公開。学校の屋上から現代の6つ子を見下ろす、18歳の6つ子が描かれており、12人がそろったものとなっている。

このほか、本作の前売り券第3弾が、1月11日から全国の上映予定劇場で取り扱いを開始。一般券には18歳の6つ子それぞれが描かれており、そのうちひとつを選ぶことができ、小人券は教室でたそがれる現代の6つ子の様子を収めた絵柄になっている。価格は、一般が1500円、小人が900円(税込み)。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ