横浜流星、新ドラマで舌ペロ! 胸キュン仕草発掘にも意欲「新しい技を」


女優の深田恭子が主演を務めるTBS系火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(1月15日スタート、毎週火曜22:00~)の完成披露試写会・舞台挨拶が8日、都内で行われ、深田、永山絢斗、横浜流星、中村倫也が登壇。第1話で“舌ペロ”を披露している横浜は、新たな胸キュン仕草発掘にも意欲を見せた。

隔月刊『クッキー』(集英社)で連載中の持田あき氏による同名漫画を原作とする同作は、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子が、タイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。主人公の春見順子を深田が演じ、順子にアプローチするタイプ違いの3人の男性を永山、横浜、中村が演じる。

髪をピンクに染めた不良高校生・由利匡平を演じる横浜は「順子を好きになって大胆なアプローチをしていくのでそこは見どころです。ストレートに世の女性をドキドキさせるような役回りは今まであまりなくて、監督やスタッフのみなさんから『ドキドキさせろ。今のじゃドキドキしない』と言われ、すごくプレッシャーを感じています」と打ち明け、永山が「ドキドキしたよ、ペロってしたシーン」とフォロー。深田も「可愛らしかったですね」と話した。

中村は「全何話の中で何回かやるんだもんね。で、“舌ペロ”まとめた動画をファンが作ってくれるんでしょ? 舌ペロ集」とさらなる舌ペロを期待し、横浜は「まだ予定はないんですけど、できそうなところがあったら頑張ってみます」と発言。司会者が「中村さんがパクっちゃうとか」と提案すると、中村は「やりましょうかね」と乗り気で、永山も「俺は決めたから、絶対やる。深田さんもお願いします」と宣言し、横浜は「匡平の技にさせてください」「俺の技…」と苦笑した。

横浜はまた、中村からおもしろ発言を求められる形で「舌ペロ以外のさらなる技も今後チャレンジしていきたいなと思っています。壁ドンとかいろいろ流行りましたが、さらなる新しい技を見つけ、それをたくさんの人に広め、それを広めることでこのドラマもたくさんの方に広まっていけばと思っています」と胸キュン仕草発掘を誓い、中村は「愛の伝道師だね。俳優界のザビエルだ」とおもしろがっていた。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ