互いに刃物で刺し合った父と娘 事件直前の「ある約束」に悲痛の声

しらべぇ

2019/1/8 19:40

(tiero/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
娘を刺殺しようとしたとして、7日、札幌市北区の無職の男(74)が殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。この男の供述から、直前に二人の間で、一つの合意がなされていたことが分かった。

■「娘にも刺され、自分でも切った」


男は同日午後7時頃、自宅で、同区に住む無職の娘(47)の背中などを刃物で複数回刺したあと、自ら110番通報。このとき、男も上半身に全治約1週間の軽傷を負っていたそうだ。

男は、「心中しようとした」としたうえで、「娘にも刺され、自分でも切った」などと話しているという。娘は、大量に血を流して倒れていて、すぐに救急搬送されたが、意識不明の重体だという。

二人は別の場所で一人暮らしをしていたことから、警察は動機などを詳しく調べているとのことだ。

■「つらすぎる」と悲痛の声


親と子が合意のうえで互いに刺し合うという痛ましい事件に、ネットからは「つらすぎる」「他に方法はなかったのか」などと悲痛の声が相次いであがっている。

・どうしてこういう末路になってしまったのだろうか。他に方法はなかったのか

・こんな事件は辛すぎる。きっと仲のいい時期もあっただろうに…

・その話が本当なら悲しい事件だな。娘さんの無事を祈りたい。

・みんな悲しいとか言ってるけど、個人的には怖さが上回った。狂気しか感じない

■娘は途中で躊躇ったのか


また、娘が重体となった一方で、男が軽傷だったことを受け、「娘は途中で躊躇ったのだろう」などと推測する声もあがっている。

・心中しようとして娘と刺し合った、という割には男が軽傷ってのがなんか腑に落ちませんね

・娘は刺すの躊躇ったんだろうな…

・明らかに娘は合意していない気がする。父親のほうがかなり一方的だったんじゃないか

■「死にたい」と思ったことがある人は…


しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1353名を対象に「『死にたい』と思った経験」について調査を実施した。その結果、約45%、もう少しで半数に迫る結果となった。



死のうと考えたところで、どうして互いに刺し合う必要があったのだろうか。父親だけが軽傷である点も、やはり疑問が残るだろう。さらなる真相究明を望むとともに、娘の意識が回復するこを願いたい。

・合わせて読みたい→47歳の長男が79歳の母殴り死亡 帰宅した長女の悲しい通報に「やりきれない」の声

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年12月22日~2015年12月24日
対象:全国20代~60代の男女1,353名

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ