深田恭子、言い間違い連発に「もうヤダ!」 中村倫也らにツッコまれる


女優の深田恭子が主演を務めるTBS系火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(1月15日スタート、毎週火曜22:00~)の完成披露試写会・舞台挨拶が8日、都内で行われ、深田、永山絢斗、横浜流星、中村倫也が登壇した。

隔月刊『クッキー』(集英社)で連載中の持田あき氏による同名漫画を原作とする同作は、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子が、タイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。主人公の春見順子を深田が演じ、順子にアプローチするタイプ違いの3人の男性を永山、横浜、中村が演じる。

深田は、自身が演じる順子について「東大受験に落ちてから恋も仕事もうまくいかない超鈍感しくじりアラサー女子ということなんですけど、私から見たらすごく立派に生きている女性。すごくいいことを話したりしますし、すごくカッコイイ女性だなと思いました」とコメント。「私はなかなか物事を言い切ったりしなくて、すぐ迷ったりするタイプなので、演じていて気持ちよく感じる部分があります。こんな風に自分もなれたらいいなって思います」と語った。

今年の抱負を聞かれた場面では、「今年はとにかくこのドラマからスタートなので、まずこの、初めて恋をする日に読む話…」と、先月24日に行われたイベント同様の言い間違いをしてしまい、中村らが「した!」とツッコミ。深田は「あ! また間違えちゃった! 今のみんな忘れてください。2回目はダメ」と恥ずかしがり、「はじこじ…はじこじじゃない! はじこい! もうヤダ」と略称まで言い間違え。「『初めて恋をした日に読む話』この作品に全力投球して参りたいと思います…はい。もうヤダ。新年早々なんだかすいません」とキュートに謝り、会場から笑いが起こった。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ