深田恭子 主演ドラマイベント登場 交際発覚については語らず

 女優の深田恭子(36)が8日、都内で行われたTBSの主演ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(火曜後10・00、15日スタート)の完成披露試写会で舞台あいさつに出席。深田は不動産事業を手がけるシーラホールディングスの杉本宏之会長(41)との真剣交際が明らかになったばかり。交際について語ることはなかった。

 報道を受け、深田の所属事務所は「食事をご一緒したことはありますが、それ以上の関係ではありません」とコメント。今後を見守るような控えめの対応となった。一方、杉本氏の会社は「プライベートはお答えしておりません」と交際を否定しなかった。

 ドラマは女性漫画誌「クッキー」で連載中の持田あき氏の同名コミックが原作。4流予備校の講師・順子と3人のイケメン男性が繰り広げるラブコメディー。深田演じる順子は高校生まで優等生だったが、東大受験に失敗してからは転落の人生。就職活動に、婚活にも失敗。何かと残念な女性だが、前向きに奮闘する、しくじり超鈍感なアラサー女子。そんな順子を取り合うイケメンは、いとこでエリート商社マンのデキる男・雅志(永山)、教え子で東大を目指す不良高校生・匡平(横浜)、同級生で匡平の担任でもある高校教師・一真(中村)の3人。

 深田は「ラブコメディーは演じていても楽しい。日々楽しく撮影させていただいます。この作品に全力投球してまいたいと思います」とPR。順子という役柄については「立派に生きている女性。凄くかっこいい」としつつ、「私はなかなか物事を言い切ったりしないので、すぐ迷ったりするタイプ。今回の役は演じていて少し気持ちいい。こんなふうに自分もなれたらいいなと思う」。3人の男性に思いを寄せられるもなかなか気づかない女性だが「いろいろなアプローチをされても、なかなか気づかない。なんで気づかないんだろう!って思うながらも一緒にキュンキュンしてもらえるんじゃないかと思う」と笑顔を浮かべた。

 イベントには、順子を取り合うイケメンたちを演じる永山絢斗(29)、横浜流星(22)、中村倫也(32)の3人も出席し、盛り上げた。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ