早朝出勤が原因で高校教師がストライキ まさかの理由に「頭悪すぎる」「反吐が出そう」

しらべぇ

2019/1/8 15:00

(paylessimages/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)
8日、東京都千代田区にある私立高校の教員約20人らが、長時間労働の是正を求めてストライキを行なった。

ここまでなら最近わりと聞く話だが、同校のブラックかつ前時代的な労働環境に、ネット上では非難の声が相次いでいる。

■「理事長へのあいさつ」で早朝出勤


報道によると、長時間労働の原因となっているのは理事長へのあいさつだと言う。この学校では午前8時が始業の時間だが、毎朝7時前に出勤してくる理事長にあいさつすることが長年慣習となっており、その結果、教員たちは6時半頃に出勤しているんだとか。

また、あいさつにも独自のルールが。それは「理事長室にひとりずつ入り、あいさつする」というもの。これをしない場合、叱責を受けることもあるという。

■「頭が悪すぎる」「反吐が出る」


この報道に対し、ネット上では「学校の先生って働きすぎ」「頭が悪すぎる」「反吐が出る」など、批判の声が数多くあがることに。

・ホントこういう無駄な慣習みたいのはどの会社にもひとつやふたつある。教員たちがストライキって形でしか発言出来ないような環境をつくり上げてる上の立場の人たち。やだやだ

・学校の先生って働きすぎだよね

・いつの時代の話なんだって感じだね。頭が悪すぎる

・こうやって慣習だからと意味もなく続ける…反吐が出るわ

■「理事長もっと寝てて」


また、自身の早起きに教員たちを付き合わせている様子の理事長に対し、「もう少し寝ていればいいのに」と述べる人も。

・またバカなことやっとるなー。それにしても、理事長早いな

・くだらない大人の慣習。理事長、もっとゆっくり寝てたらいいのに。朝早く起きちゃうのかな

■半数が「早起きで得」


しらべぇ編集部では、全国20~60代の自分は早起きだと思う男女558名に「早起きの効果について」の調査を実施。その結果、「早起きをして得をしている」と答えた人は全体で52.0%と、半数を上回る高い結果に。



年代別では、60代以降がもっとも高い数値に。「早起きしている」というより、「早起きになってしまう」層の可能性もありそうだが、彼ら的には得していると感じているようだ。

しかし、いくら早起きにさまざまなメリットがあるとはいえ、長時間労働につながっていいわけがない。ブラックな仕事としてすっかり定着してしまった感のある教師だが、少しずつでもその労働環境が改善されていってほしいものだ。

・合わせて読みたい→彼氏が「風俗遊び」、女はそれを許したが… 妻になって見た「検索履歴」に悲鳴

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の自分は早起きだと思う男女558名(有効回答数)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ