山口紗弥加、間違ったことは許さない正義のモンスター主婦に!「美しいとすら思えるのは不思議」

山口紗弥加が、2月2日スタートの新ドラマ『絶対正義』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)で主演を務めることがわかった。間違ったことや法を犯すことを許さない正義のモンスター主婦・高槻範子を演じる。

人間の本質をえぐり出す「イヤミス」小説の新旗手として注目を集める秋吉理香子の代表作「絶対正義」が原作。2018年日本映画ナンバーワンヒット『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』などを手掛けた西浦正記が演出を担当する。高校時代の4人の同級生(西山由美子、理穂・ウィリアムス、石森麗華、今村和樹)と再会した範子が、“正義のモンスター”として周囲を振り回す心理サスペンス。

4人の同級生たちはそれぞれがそれぞれの人生を生きていた。しかし、範子と再会したことによって、日常がほころび始める。そのほころびは静かに、やがて大きな音を立てて絶望的な破綻へと突き進んでいく。範子が狂気じみた正義を貫く理由とは? 範子の過去には一体何があったのか?

範子を演じる山口からコメントが到着。以下に紹介する。

<山口紗弥加 コメント>
その「正義」は正しいのか?「正義」って、誰のため? 堂々巡りの自問自答にかなりの時間を使いました。自分が演じる役に向かい、「範子! お願いだから私の前からいなくなって!」と台本を読みながら思ったのは初めてかもしれません(笑)。私が演じる高規範子は、「正義」の権化であり、法律と規律に支配され取り憑かれた“機械”のようにも映ります。彼女にとって、法律は世界一安全で、唯一安心できる場所。自分自身を守る鎧のようなものだと思います。範子のように結果だけを見て、「法的に正しいか、正しくないか」で判断することは、私にはできません。しかし範子の、他人の不正を正すだけではなく、自らも潔白であろうとする姿は気高く、美しいとすら思えるのは不思議です。

このドラマは5人の女性の群像劇です。範子の「正義」が、それぞれの目線を通して描かれます。立場や状況、関係性によって様々に形を変える「正義」をぜひ、ご自身の目で確かめていただけたら幸いです。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ