加藤綾子『フジテレビ復帰』プランは平日深夜のニュース番組からか

まいじつ

2019/1/8 10:30

加藤綾子 
(C)まいじつ

2019年、女子アナ界の大きな注目は、やはり“人材難”にあえぐフジテレビの巻き返しだろう。

本サイトは昨年末、すでにフジの“惨状”を報じている。看板の三田友梨佳アナ、山﨑夕貴アナ、永島優美アナ、久慈暁子アナらさえ、一部データ情報サイトが行った『好きな女子アナランキング』のベストテンに入ることができなかったのは、現場の採用したいアナウンサーと幹部などの採用基準が違っていることが原因の1つと伝えた。

「アナウンス室の幹部が、人事採用会議で部内の採用希望と会社の採用基準があまりに違い過ぎると訴えたのです。ところが一向に改善の兆しがない。だから、人事の趣味で採っているのか疑問と怒りを投げ掛けた。何人かの実名を挙げて『加藤綾子さんに続く者がいない』と言ったのです」(フジテレビ関係者)

同局は、一昨年“ポスト・カトパン”として、元女性誌モデルの久慈暁子アナを採用。大きな話題となった。

「過保護なのか、それとも使えないのか、久慈アナに関しては、局内でも極端な評価があるのは事実。一時、スポーツ担当として局代表で会見に行っていましたが、“的外れ質問”を連発するので、最近はパッタリ見なくなりました」(同・関係者)

カトパンを呼び戻すのが賢明と判断


そんな中で急浮上している案が「カトパン復帰」なのだという。

「やはり、カトパンを持って来ると話題性が違う。前社長の亀山千広氏のお気に入りで、現社長の宮内正喜氏が“亀山色一掃”で切ったとされますが、ここは呼び戻すのが賢明だとの判断。すでにカトパンに復帰の具体案も提示されているようです」(同)

加藤に託したい番組は何か――。どうやら加藤の同期である椿原慶子アナが担当する『FNNプライムニュース α』などだという。平日の深夜ニュース激戦帯の23時台の放送だ。

「椿原アナは昨年に結婚したばかり。年齢も33歳ですし、いろいろと考えていることがあるのかもしれません。カトパンとは一緒に旅行に行くほど仲が良く、カトパンなら降りてもいいと言っているようです。ただ、椿原アナは『――ニュースα』の他、『Mr.サンデー』にも出演しています。さすがにそれを全部引き受けるのは、カトパンとしても難色。そんなことになったら局アナ時代とほとんど変わりません。彼女が、どこで折り合いをつけるか、断るか、まさに今、駆け引きの真っ最中だそうです」(同)

再び宮根誠司と一緒にやるのは不憫だが、平日深夜のカトパンは、ぜひとも見てみたいものだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ