綾瀬はるか、主演の中村勘九郎を差し置き「リアルいだてん」と呼ばれるワケ

アサジョ

2019/1/8 10:15


 1月4日放送の「あさイチ」(NHK)に中村勘九郎と綾瀬はるかがゲスト出演。2人は1月6日にスタートする大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で主役・金栗四三とその妻となる春野スヤを演じるため、番組宣伝として登場。中村演じる金栗は熊本県和水町出身のため、3日に震度6弱という地震に見舞われた同地を心配。番組アシスタントの近江友里恵アナから「金栗さんは地元のヒーローですから(ドラマ放送を和水町の人は)楽しみにしていると思います」と言われ、中村が「安心して放送がご覧になれるといいなと思います」と、被災地を思いやる一幕もあった。

「そうした状況だったので、この日の綾瀬はいつもの天然ボケで笑わせるようなことはしませんでしたが、放送されたドラマのワンシーンで驚かせてくれました。かねてより綾瀬の運動能力の高さは有名でしたが、熊本でSL機関車を時速30キロで実際に走らせたというシーンで、綾瀬は和装で自転車にまたがり機関車と並走。中村はこのシーンについて『当時の自転車を再現しているのでブレーキはなく、サドル位置も現在のものよりかなり高い。しかも和装なのに綾瀬さんは本当に見事な並走を見せてくれました』と収録当時を振り返り、近江アナからも『スタッフの皆さんも綾瀬さんの身体能力の高さに改めて驚いたそうです』との補足説明があったほど。ネット上では『綾瀬こそリアルいだてんだな』『綾瀬はるかはフツーの顔ですごいことするからマジすごい』『今こそ「精霊の守り人」の再放送を』といった声があがっているようです」(テレビ誌ライター)

身体能力だけでなく身体の造形にも優れている綾瀬。今年の活躍にも期待したい。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ