ここ直せば付き合えるのに…と思う「残念男」あるある・お会計編

愛カツ

2019/1/7 08:30


見た目も条件も悪くないのに、女性から見ると「あの人は無理」と言われてしまう男性。

いったいなにが問題なのでしょうか。

今回は、微妙な金額のワリカンにイラッとさせられる女性の心理を掘りさげながら、

「ここを直せば付き合えるのに」というちょっと残念な男性の例をあげていきます。

ここ直せば付き合えるのに…と思う「残念男」あるある・お会計編

■ 8,400円の会計に「4,000円でいいよ」という男

「デートでイラッとするのがおごってもらってるわけじゃないのに『ごちそうさまでした』と言わないといけないシチュエーションになること。

8,400円で「4,000円でいいよ」って言われたとき、小銭ぶんしか多く出してくれてないのに、女の側がお礼を言わないといけない雰囲気になるのが釈然としない……」(28歳/Webデザイナー)

たしかに「ごちそうになったわけじゃないのに、お礼を言わされるのがイヤ」という意見も分かりますね。

こういう場合は「ごちそうさまでした」と無愛想に言うよりも、

「多めに払ってくれてありがとう」と笑顔で言うほうが、自分もイラっと来ないし男性もちょっとグサッとくるのではないでしょうか。

ちなみに、ほぼワリカンの請求のときの正解の言い方は「ちょうだい」でもなく「でいいよ」でもなく「4,000円もらってもいい?」が無難な言い方だそうです。

■ 3,500円で「2,000円ちょうだい」という男

「2回めのデートで仕事帰りに軽く居酒屋に行ったらお会計が3,500円くらいだったんですよ。

このくらいの金額だったらおごってくれるのかな?と思ったら『じゃあ2,000円ください』と言われてそのまま……」(33歳/インテリアコーディネーター)

微妙におごってくれるのではなく、微妙に多めに払わされるケースも!

あまりいなそうですが、じつは多いのかも?

筆者もこの手の男性に遭遇したことがあります。

最初の請求額からして多分、うっかりじゃなくわざとなんでしょうね。

お釣りは返してくれるのかな?と思いましたが、計算ができない人なのか、小銭を貯めているケチな男なのか……けっきょくお釣りすらもらえませんでした。

気になりましたが、たかが500円で突っ込んで聞くのもこちらがケチだと思われそうで、聞けませんでした。

こうやってお会計で多めに取って、こづかい稼ぎしていたらイヤですね。

■ 自分のカードでポイント貯めて領収書までもらう男

「きっちりワリカンで現金でもらっておいて、自分はカードで払って、さらに領収書までもらう人。正直、引きます……。

別にいいんだけど、マイル貯めた自慢や羽振りのいい自慢するなら、おごってくれればいいのに!」(27歳/カルチャースクール勤務)

こういう男性ってちゃっかりしていて結婚するには実は良いタイプなのかもしれませんが、

デートで目撃してしまうと何だか自分が損させられているような気持ちになりますよね。

「そんなに自分は得してるなら、女性の分を安くしてくれればいいのに」と思われても当然でしょう。

自分のお得さにはこだわるけれど、女性への配慮がない点が気になります。

■ たった数百円で恋のチャンスを逃すこともある

今回の「残念な男」たちは、自分が女性をイラっとさせていることに、おそらく気付いていないでしょう。

むしろ「多めに払ってあげてるのに」と思っている人すらいそうですね。

女性は「すこしでも損した」の、その差がたった数百円であっても、相手への印象は大きく変わるもの。

すこし多めに払ったくらいで印象が良くなるなら払う、と割り切れる男性じゃないと、恋愛には向いていないのかもしれません。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ