坂口杏里さん、芸能界復帰前にまさかの告知 「まだやってるの」「インフルは…」

しらべぇ

2019/1/8 08:00

(画像は坂口杏里さん公式Instagramのスクリーンショット)
「芸能界復帰」という目標を掲げ、日々奮闘している坂口杏里さんが6日に自身のツイッターを更新。その内容に対しファンから疑問の声が続出している。

■「只今枠あいてます」


疑問のタネとなっているのがこちらのツイート。あるURLとともに「只今枠あいてます」の文言が並ぶ。



そのリンクの先は東京・渋谷の風俗店であり、現在行っているライブの空席などではなく、「デリヘル嬢として会える時間がある」という告知だったのだ。

なお、その後も同じ意味合いの投稿をして呼びかけを行っていた。

■「去年でラストでは?」の声


坂口さんがデリヘル嬢として働いていることは、しらべぇ既報でもお伝えしている通り。しかし、今回注目された点はその時期だ。

というのも、現在坂口さんは本格的に芸能界復帰を目指すためか、昨年の時点で「ラスト出勤12/31、近づいてます!」とデリヘル嬢を辞める趣旨のツイートしていたのだ。そのため、多くのファンからは「まだやっていたの?」と疑問と驚きの声が相次いだ。

「去年でラストじゃなかったの?」

「まだこの仕事やってるのか!」

「辞めたんじゃ?」

■「インフルエンザは…」


また、1日には「インフルエンザになった」という旨のツイートも投稿していた。



どの時期に発症していたかは定かではないが、まだ外出してはいけない期間の可能性があり、坂口さんの体調を気遣う声と共に疑問の声も多く見られた。

「本当にインフルエンザだったら出勤なんてマズくないです??」

「インフルエンザちゃうの?  最低一週間は出たらあかんでしょ?」

「インフルエンザ完治しましたか?」

■今後の活動に期待


店舗のサイトによると、今回の出勤は「本当にお店から、本日明日がどうしても出ていただきたいという事なので、出勤します」と、店側から懇願されたイレギュラーなものだったようだ。

現在新しくバンドをメンバーを募集するなどの案を立て、精力的に音楽活動に励んでいる坂口さん。辞めるなら辞めるとけじめを付け、自分が思い描く夢のため愚直に進んでもらいたいと願うばかりだ。

・合わせて読みたい→坂口杏里さん、亡き母・良子さんに感謝 「よくそんなこと言えるね」と心配の声

(文/しらべぇ編集部・ステさん

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ