彼と良い関係を築くために大事なたった5つのこと




彼と良い関係を築きたい気持ちは強いのに、実際に良い関係を築くというのはそんなに簡単なことではないですよね。特に彼に夢中になっている時こそ難しいもの……。
けれど、ポイントさえ押さえればきっと誰にだってパートナーと良い関係は築けると思うのです。
そこで今回は、彼と良い関係を築くために大事にしたいことをご紹介します。

彼と良い関係を築くために大事なこと

相手に関心を持つ



相手に無関心では良い関係なんて築けっこないです。良い関係を築きたいのであれば、相手に関心を持つこと。でないと、相手の立場になって物事を考えることもできないでしょう。ついでに、自分のことで精一杯……では、相手からの信頼すら得られにくいですからね。
マンネリになると相手への関心も低くなりがちですが、マンネリの時こそ相手へ関心を持った方が関係は壊れにくいかと思います。

命令や強制ではなく、お願いをする

恋愛においてのマイルールを彼に押し付けてしまっている人もきっといるはず。正直、「○○してって言ったじゃん!」「今後○○はしないでね!」など、命令や強制は良い関係を築く上ではよろしくないと思います。
もし、相手に自分の意見をちょっと強めに主張したいのであれば、命令や強制ではなく「○○してくれたらうれしいな」など、お願い口調にした方が、相手も言葉を受け入れやすいでしょう。

相手の過去にこだわらない

彼のことが好きすぎるが故に、交際以前のことまで気になって根掘り葉掘り聞き出し、結果知りたくないことまで知ってしまい落ち込んでしまう人もいるはず。それ、彼からしたら結構いい迷惑です……。
交際前のことにこだわったところで彼の過去を変えることはできません。彼に関心を持つことは素敵なのですが、必要以上に過去にこだわらない方がいいです。ヘタすると関係にヒビを入れかねないですから。

ケンカはLINEでせず面と向かって



カップルの中にはLINEの文章だけでケンカする人もいるのではないでしょうか? 正直、文字だけのネガティブなやり取りというのは面と向かって話すよりもヒートアップしやすいです。
彼と良い関係を築きたいのなら、ケンカは面と向かって。そうした方がまだお互い相手の顔を見るので冷静でいられるし、文字だけとは違って、相手の言葉の意味を誤解しにくいでしょう。

ケンカの仲直りは問題も解決する

面と向かってケンカしても、本当に仲が良い二人なら自然に仲直りができるはず。ただ、単に仲直りをするのではなく、ケンカになった原因を解決しないと、また同じことでケンカするので意味がないです。
仲直りする時にケンカの原因になったことを話すって、ちょっと勇気がいりますよね。「またケンカになるんじゃないか……」と不安になるでしょう。けれど、冷静になって話せば相手だって向き合ってくれます。二人の問題は一個一個解消していかないと良い関係は築けません。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ