深キョン新恋人・杉本氏 検索数急上昇 ZOZO前澤氏も憧れの人

 女優の深田恭子(36)と不動産事業を手がけるシーラホールディングスの杉本宏之会長(41)の真剣交際をスポニチ本紙が報じた7日、インターネット上の検索ワードで「杉本宏之」が急上昇した。SNS上には「IT社長だけじゃなく不動産社長も夢あるね」との書き込みも見られ、新恋人に注目が集まっている。

 杉本氏は極貧生活から成り上がった苦労人。激動の半生は、14年に上梓(じょうし)した著書「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」に記している。

 父が不動産事業で失敗し、5歳から6畳一間のアパート育ち。転機は不良グループにいた高3の時。金を無心してきた父に包丁で腕を刺されたことだった。「生活を変えたい」と、勉学に励み不動産業界を目指した。

 不動産販売会社を経て、24歳で独立。強気の投資で急速に拡大し、05年に会社を上場させた。だが、リーマン・ショックなどで巨額の負債を抱え、09年に民事再生法を申請し倒産。上場当日に結婚した妻とも08年に離婚している。

 だが、諦めなかった杉本氏は再起して起業。リスク度外視の経営から一転、安定した財務基盤を持つ会社を築き上げて、今やグループ会社7社の売上高は200億円超になった。

 女優剛力彩芽(26)と交際中のZOZO・前澤友作社長(43)も、10年来の親友だ。06年に前澤氏が憧れて連絡を取り、親交を深めた。過去の対談で、前澤氏は「杉ちゃんが嫌いって言う人に会ったことないし、杉ちゃんから人の悪口を聞いたことない」とキッパリ。誰からも好かれるナイスガイだと明かしている。

 この日、深田の所属事務所は「食事をご一緒したことはありますが、それ以上の関係ではありません」とコメント。今後を見守るような控えめの対応となった。一方、杉本氏の会社は「プライベートはお答えしておりません」と交際を否定しなかった。深田は8日、都内で開かれる主演ドラマの試写会に登場する。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ