乃木坂46・中村麗乃、舞台「逆転裁判」でヒロインの大役に挑む!「私にしかできない表現を見つけたい」

乃木坂46の中村麗乃がヒロイン・綾里真宵役で出演する舞台「逆転裁判 -逆転のGOLD MEDAL-」が1月16日(水)より、東京・北千住のシアター1010で上演を開始する。

「逆転裁判」はカプコンの同名ゲームを原作にした作品で、2012年に主人公・成歩堂龍一役を成宮寛貴、綾里真宵役を桐谷美玲が演じて映画化。アニメ化も2018年10月クールで第2期を放送、舞台化は宝塚歌劇を含め7度もされているというヒット作だ。

今回の「逆転のGOLD MEDAL」は舞台オリジナルストーリーとなり、物語の舞台は法廷から闘技場(アリーナ)へ。成歩堂と真宵は世界のスゴ腕弁護士、検事たちが技を競い合い、その頂点を極める夢の大会「司法オリンピック」に出場するのだが、そこで事件は勃発する……!

成歩堂役は加藤将が演じ、小波津亜廉、友常勇気、花奈澪ら2.5次元はもちろん、舞台、ミュージカル経験豊富な人気俳優が多数キャスティングされている。

そんな中、中村麗乃は乃木坂46を離れた初の舞台単独出演でのヒロイン抜擢となる。この大役にどのような気持ちで挑むのか。昨年末、稽古に励む中村を直撃し、真宵役への意気込み、本作の魅力、乃木坂46での目標などを伺った。

■ ヒロイン抜擢に嬉しさと不安でパニックに

――真宵役の話を聞いた時、どんなお気持ちでしたか?

「えっ!? 私で良いの?」っていう、すごく嬉しい気持ちと、すごくびっくりしたのが同時にきて、落ち着いてきたら今度は「私にちゃんとできるのかな…」って、すごく不安な気持ちになりました。アニメも映画化もされている人気ゲームじゃないですか。嬉しさと不安な気持ちが入り混ざった、ちょっとパニックな感じでした。

――しかもヒロインだし。

そうなんですよ。乃木坂メンバーのいない舞台に出させていただくのも初めてなのに、そこでヒロインなんて。グループの中で活動してきたから何が普通なのかも全然分らない状態で、しかも私、ものすごい人見知りなんですよね。コミュニケーションが大事なのに、最初は全く話しかけに行くことができなくて、ホントにこの人見知りは直さなきゃなって思います。

――稽古の真っ最中ですが、感触はいかがですか?

乃木坂46で経験してきた舞台と比べると、稽古期間は断然短いし、進んでいくペースも早いんですよね。昨日、今日、明日ってどんどん進んでいって、他のキャストさんは当たり前のようにこなしていくから、自分1人だけが置いていかれるような感覚になる時がすごく多いです。今はまだ「ああすれば良かった。こうしないとダメだった」と反省ばかりの毎日で、付いていくので精一杯という感じです。

初日の本読み(台本読み)なんかもう最悪でした。真宵ちゃんのことを想像して自分の中で頑張って作ってきたのに、いざ本読みを始めたら全くなってなくて、イメージしてきたことも全然できなくて。あの時はものすごいショックでした。

――ダメ出しを受けたわけですか?

何か言われたわけではないんですが、「ああ、自分全然ダメだ…」って周りとの差を感じさせられたんです。これだけの人たちの中に1人だけできない自分がいて、またパニックです。「どうしよう、どうしよう」って。

――キャリアの差もそうだし、周りは本職の役者さんたちですからね。でも、そこで揉まれることは大きな経験ではないですか?

それは間違いなく感じます。引き上げてもらってるなって。だから、ここで絶対に成長できるように頑張りたいです。

■ 芝居は原作の物真似にならないように

――「逆転裁判」は過去に幾度も舞台化されている人気作ですが、稽古をしていてどういうところに魅力を感じますか?

やっぱりキャラクターの個性がすごいなって思います。ゲームでのデザインからして個性的じゃないですか。そういう外見に加えて、台詞やポーズも特徴的で、舞台でもその個性がすごく生かされているんです。それは稽古をしていても面白いなって思うし、役者さんを見ているだけで楽しめる舞台だと思うんです。

何か私、さっきからすごいってばかり言ってますね(笑)。語彙力がなくてすみません。

――大丈夫ですよ(笑)。芝居を通じて、自分と真宵、似ているところや共感できるという部分はありましたか?

真宵ちゃんって性格は明るいんだけど、結構人見知りなところがあるんですよ。私も初対面では引けちゃうんですけど、慣れてきたらめっちゃワーっとするタイプなんですよね。乃木坂46の中でも最初は閉じこもっていたけど、今はワチャワチャふざけてるくらいで。そういうところは似てるなって思います。

だから役としても考えやすくて、自分だったらこういう時はこうするなって、あまり考え込まずにできている部分もあります。

――原作の真宵になり切ろうとしていますか、それとも自分の表現で真宵を作ろうとしていますか?

そこがとても難しくて。私にしかできないお芝居の表現はきっとあると思うし、いかに(原作の)真宵ちゃんのようにお芝居できるかというのもあるし。どちらの要素も取り入れられるのが一番良いんですけど、それはやっぱり簡単にはいかないです。

最初の顔合わせの時、演出のほさかようさんから「物真似にならないように」と言われたんです。真宵を演じますけど、私は私だから、そこはもう本当に気を付けないといけないと思ってます。

――稽古を終え、本番で中村麗乃としての真宵をどう見せてくれるのか。ファンにとっても楽しみになるところですね。劇の中で、真宵のどんなところが見どころになってくるでしょうか?

それはやっぱり、真宵ちゃんが持つ独特の空気感です。作品を知っている人は分かると思うんですけど、変わった子じゃないですか。

何だろう、ちょっとズレてるというか、おかしいというか。1人だけ違う世界を持っていて、不思議な行動を取ったり、感情表現もころころ変わったり。まだ全部の通しはしてないんですが、きっと見ていて面白い子だなって思ってもらえると思います。

――全く関係ないですが、中村さんのこと、テレビで見ている時は変わった子だと思っていたんですが、しっかり喋れるんですね。

それ、よく言われるんですよ。握手会でもファンの方から「ちゃんとしてるんだね」って言われたり。

――「乃木坂工事中」(テレビ東京系)だと“逸材”とか言われてるじゃないですか。

それは(バラエティに)慣れてないから。上手く返せなかったり、焦ったりして、それがおかしな感じで出ちゃってますね(笑)。

■ 久下恵美が演じるおばちゃん・大場カオルに注目

――カンパニーの雰囲気はいかがですか?

明るくて笑いが絶えないけど、集中するところはビシッとする。張り詰め過ぎない入りやすい雰囲気の、とても良い空気感のあるカンパニーです。稽古に行くのがすごく楽しいです。

――成歩堂役の加藤将さんの印象はどうですか?

初めましてだし、どんな人だろうというのも分からなかったから、最初すごく緊張してたんですけど、加藤さんの方から話しかけてくださって。2人一緒に出る場面も多いから、「台詞合わせしようか」「ここはこうしようか」と色々教えてもくださって、とても相談もしやすい方です。

お芝居のことも色々教えていただいていて、ありがたいなって思います。

――個性的なキャラクターがたくさん出てくる舞台ですが、この人に注目すると面白いよ、という方はいますか?

それはもう、久下(恵美)さんのおばちゃんです! 大場カオルという面白いおばちゃんの役なんですが、出てくるだけで場がガラッと変わるんですよ。“そういう役”というだけでなく、久下さんがすごいんですよね。本当にいきなり空気が変わる感じで。それがどんな風なのかは、上演が始まるのを楽しみにしていてください。

――大場カオルは原作にもいるキャラクターですね。先ほど中村さんも言ってましたが、2.5次元はあくまで世界観の再現ですから、物真似になったらダメなんですよね。

もちろんベースのキャラクターがいての役なんですけど、全力で似せすぎてもダメだし、かけ離れてもダメだし。皆さんのお芝居を見ていて、オリジナリティの加減は本当に難しいんだなって思います。

――中村さんの真宵もそうだし、今回キャスティングの役者さんならではの表現は見どころですね。

そうですね。それも大きいです。

■ アイドルは叶えられることが一番多い素敵な職業

――ところで真宵は霊媒師ですが、中村さんは霊感や霊体験をされたことはありますか?

霊感も霊体験も何にもないんですけど、何かあった時のためにお清めスプレーだけは持ち歩いています。転んだり、悪いことがあった時に「シュッ」ってやってます。メンバーにも広めているんですよ、「持っていた方がいいよ」って。

――でも感じないんですよね?

ないんですけど、もしかしたら「いるかも?」っていう時があるじゃないですか。そういう時用のために(笑)。

――「逆転裁判」は成歩堂が逆転の発想でピンチを切り抜けていきますが、中村さんはこれまで逆転の発想で何かを乗り越えたという経験はありますか?

乃木坂46に加入してすぐの頃に、3期生で「3人のプリンシパル」という舞台に出させていただく機会があったんです。それは役が3つしかなくて、その役を取るためにオーディションを受けるというものだったんですね。1幕目が2幕目に出るためのオーディションの場で、審査員はその日のお客さんという形式。そうやって毎公演、舞台に立つメンバーを選ぶという劇だったんです。

3役全部の台詞を覚えていく必要があったんですけど、本当に加入して何か月という時期だったから、どうしたら良いのかが全く分からなくて。もうとにかく「ガムシャラにやるしかない! 死ぬ気で頑張ったら何とかる!」と思ってぶつかって、最終的に何公演か役を取ることができたんです。

逆転というわけではないんですが、ダメだと思ったところから乗り越えたのはそれが一番大きいです。

――乃木坂46はアイドルとしての活動に加え、舞台出演にも積極的です。気持ちとしてアイドルと役者、どちらを目指したいというのはありますか?

アイドルって一番色々なことが経験できる職業だと思うんです。歌もダンスも、舞台もできるし、色々なことが体験できて、叶えられることが一番多い本当に素敵な職業だなって。だからお芝居は好きですけど、今はそれも含めてアイドルを続けていきたいです。

――では、アイドルとしてやってみたい仕事というのは?

やりたいことはたくさんあるんですけど、その前に、まずは自分の強みを見つけないといけないなと思っています。私って特にキャラクターもないし、特技もないし。

――いや、テレビの中村さんは面白いですよ。

だからそれは違うんです(笑)。本当にグループの中で定着しているものがないから、何か1つ“これ”というものを身に付けたいんです。先輩たちを見ていても1人1人個性が強くて、やっぱり目が止まるんですよね。

――目標にされている先輩はいるんですか?

う~ん。難しいです。先輩たちはそれぞれ素敵なところがたくさんあるので、誰か1人には絞れないです。だから、全員を目標にして色々なことを吸収していきたいと思います。

――ここ最近卒業される方も多く、逆に言えばそれは1つのチャンスという考え方もありますよね。

そうですけど、やっぱり悲しいし、寂しいです。まだいてほしいなって思っちゃいますね。

――では最後に今年の目標と、舞台を見に来てくれるファンにメッセージをお願いします。

目標は自分の強みを見つけること。こうやって演技をするのもすごく楽しいので、舞台ではもっと色々な役にチャレンジできるようにお芝居を上手くなりたいです。

――例えばどんな役を?

普段の自分とは違う、ちょっと強気な感じの女性を演じてみたいです。一度、そういう自分になってみたいなっていう憧れみたいなのもあって。でも、真宵ちゃんみたいに明るい子もやっぱり良いですね。演じていて、幸せな気持ちになってきます。

今回の「逆転裁判」は稽古をしていて本当に楽しい舞台だなと思うし、毎日自分なりに一生懸命頑張っています。終わった後に何かが変われる気がするので、皆さん、ぜひ見に来てください。

舞台「逆転裁判 -逆転のGOLD MEDAL-」は1月16日(水)~21日(月)、東京・北千住のシアター1010にて全9公演が行われる。(ザテレビジョン・取材・文:鈴木康道)

https://news.walkerplus.com/article/174752/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ