「時効警察」が12年ぶりに連ドラ復活! オダギリジョー「前作以上に面白い作品にしたい」

テレビ朝日系では、2006年、2007年に金曜ナイトドラマ枠で放送された「時効警察」が、「時効警察2019(仮)」として連続ドラマとして復活。オダギリジョーと麻生久美子が再々タッグを組むことが分かった。

■ “あの男”が趣味で捜査を再開!?

“時効成立事件”という特異な題材にスポットを当て、犯人に“誰にも言いませんよカード”を渡すなどのシュールな小ネタで“脱力系コメディーミステリー”として話題を呼んだ同ドラマは、2006年の第1弾では最高視聴率12.1%、平均視聴率10.1%を記録し、「第23回ATP賞テレビグランプリ2006ドラマ部門最優秀賞」を受賞。

翌年の第2弾「帰ってきた時効警察」では最高視聴率13.5%、平均視聴率12.0%を獲得し、さらなるヒットを果たした。

あれから12年、時効成立直前の逮捕劇などが報じられる一方で、未解決のまま時効が成立し、刑事責任を問われることなく逃げ切った“元”犯人も、世の中には数多く存在する。2010年4月に殺人事件の時効は廃止されたが、それ以前に時効が成立した事件は数知れない。

そこで本作では、“逃げ切った犯人”vs“時効事件を趣味で捜査する男・霧山”という新たなテーマで、オダギリ演じる霧山が出向していたアメリカのFBIから12年ぶりに帰国し、再び総武署の“時効管理課”に戻ってきたことから物語は始まる。

時効捜査の助手・三日月しずか役でコメディエンヌとしての才能を開花させた麻生も参戦する他、新しいメンバーも続々と登場。

また、当時の「時効警察」には、メイン監督・脚本の三木聡に加え、今では日本を代表する映画監督となった園子温、演劇界の巨匠ケラリーノ・サンドロヴィッチ、劇作家・演出家・俳優として活躍する岩松了などの奇才たちが参加していた。

今回も三木をメイン監督に据え、新時代のクリエーターたちが集結し、新感覚のミステリードラマを生み出していく。

■ オダギリジョー(霧山修一朗役)コメント

12年も経過して復活する作品なんて、なかなかないと思うので、高齢化したキャスト&スタッフ手を取り合って、前作以上に面白い作品にしたいと思います。

■ 麻生久美子(三日月しずか役)コメント

(「時効警察」が12年ぶりに復活すると聞いて)まさか実現しないと思っていたので、この発表で現実になることに驚きを隠せません。

私も12年分の年齢を重ね、“三日月しずか”もより残念さが増しているであろうことに不安が募りますが、怖いもの見たさと大好きなキャラクターをまた演じられる喜びでうれしいような恥ずかしいような複雑な気持ちでおります。

オダギリさんとは時効警察でご一緒した頃から長らくお目にかかっておりませんので、少し緊張してしまいそうです。あの頃の様に、いえ、それ以上の作品を目指して、また一緒にお芝居させていただけることを今からとても楽しみにしております。

三木さんとオダギリジョーさんのファンの私としては「時効警察」の復活はただただうれしいのですが、私自身どの様に関わっていけるのか、皆さまに満足していただけるように作っていけるのか不安があります。

ですが、“三日月しずか”という私にとって大切な愛しいキャラクターを演じる喜びを大切に三木さんやオダギリさん、他のキャスト、スタッフの方々と着実に愛を持って作っていけたらと思っております。

■ 「時効警察2019(仮)」あらすじ

“時効管理課”の主な仕事は、時効になった事件の資料を検察へと送ることと、その捜査資料の管理だが、殺人など重大事件の時効が廃止され、以前よりもさらに窓際な部署になっていた。

そんな古巣に戻ってきた霧山は、時効を迎えた事件を私的に捜査するという“趣味”を再開。

霧山にとって、捜査はあくまで趣味なため、対象とする事件は大小さまざまだ。たとえ犯人を突き止めたとしても成敗などするわけではなく、自分の推理が正しいことを確かめたい…ただそれだけ。

真相を暴かれ、真っ青になった犯人をあまり心配させないために、霧山は毎回犯人に1枚のカードを手渡す。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/175031/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ