米国ドラマ「24」日本版リメークの制作が決定! 2020年度にテレ朝で放送

テレビ朝日では、開局60周年記念番組として米国ドラマ「24」の日本版リメーク「24 Japan」を制作することが決定。2020年度に放送されることが分かった。

■ 日本初のリアルタイムサスペンス

アメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が、凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた「24」(邦題:「24-TWENTY FOUR-」)は、1シーズン(全24話/24時間)をかけて1日の出来事をリアルタイムで描くという革新的なスタイルと、スピーディーかつスリリングな展開で視聴者を圧倒。

世界的大ヒットシリーズとなり、日本でも最も有名なアメリカのテレビドラマシリーズの1つとなった。

テレビ朝日と20世紀FOXが組んで制作される「24 Japan」では、24時間の出来事をリアルタイムで描くフォーマットはそのままに、随所にアレンジを追加。

国際ネットワークやコンピューターの進歩、防犯システムの発展、国際情勢の激変など、オリジナル版の放送が始まった2001年から様変わりした“2020年の最新テクノロジーと世界情勢”も盛り込みながら、手に汗握る“日本初のリアルタイムサスペンス”を描く。

■ 日本版ならではのリアルな世界観

オリジナル版のシーズン1では、のちにバラク・オバマ大統領の就任で現実となった“米国史上初のアフリカ系アメリカ人大統領”が誕生するまでの24時間を描写し、大きな話題を呼んだ。

そこで日本版では、テロのターゲットを女性総理大臣候補に変更し、日本初の女性総理が誕生するまでの24時間を克明につづっていく。

また、日本版ジャック・バウアーの過去の任務は“海外での邦人人質救出”と“テロ用の化学兵器工場の爆破”に変更。日本の制度や文化に基づいて設定を適宜更新し、日本版ならではのリアルな世界観を構築していく。

なお、本作はインターネットテレビ局「AbemaTV」や動画配信サービス「ビデオパス」とも連携し、多角的なプロジェクトが展開される。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/175039/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ