木村拓哉、白のコックコートでおもてなし!?「ONE PIECE」尾田栄一郎先生の自宅にテレビ初潜入

明石家さんまと強烈キャラの評論家軍団が、爆笑トークを展開していくトークバラエティ『ホンマでっか!?TVSP』(フジテレビ系、毎週水曜21:00~)。1月9日の放送では、大ヒット漫画「ONE PIECE」の作者・尾田栄一郎先生の自宅に、テレビが初潜入することがわかった。

1997年の連載開始から、瞬く間に人気を博し、国内外含めての累計発行部数は、なんと4億4000万部に到達。ギネス記録にも認定されている世界中で人気の大ヒット漫画の「ONE PIECE」のアニメが、フジテレビで放送されるようになって今年で20周年。それを記念するにふさわしい新春スペシャルが放送される。

今回の企画は、尾田先生がさんまの大ファンということで成立に至った。尾田先生の家は、アトリエと自宅が併設されている作りになっており、その両方を大公開。尾田先生の自宅玄関に入るや否や、開口一番、さんまは「大きな声を出せるような雰囲気じゃない」とコメント。冒険漫画に出てきそうな洞窟をイメージした空間に、大きな白クマがお出迎え。玄関の中央には、海底を模したプロジェクションマッピングが……。さんまが“サンマ”になりきり、海の中を動き回る!? 玄関から冒険感満載のアトリエ&自宅の全貌とは?

先にアトリエから潜入を試みた一行。さんまが「ファンがこの家に招待されたらたまらんやろな、これ」と口にしたアトリエとは!? 中に進むと、ついにさんまと尾田先生が初対面。握手を交わしたさんまが「道でおうたら、お前仕事何しとんねん!?」と、聞きたくなるような尾田先生のいでたちとは?

その後、さんまは1人で尾田先生の作業部屋に潜入。そこで、お笑い界のトップのさんまと漫画界のトップ・尾田先生の夢の2ショット対談が実現! 多忙を極めるトップオブトップ同士のここでしか見られない貴重なトークを大公開する。

続いて一行が向かったのはアトリエの向かいにある自宅。その3階にたどり着くや否や、さんまが「これや、うわさのUFOキャッチャーや!」と、興奮の色を隠せない。来客をもてなすために、景品を取りやすい設定にした、自称“世界一取りやすいUFOキャッチャー”にさんまが挑戦。さんま念願のチャレンジの結果はいかに!?

そして最後は、尾田先生がおいしい料理でさんまたちをおもてなし。腹をすかせた一行はパーティルームへ。今回のためだけに、尾田先生がさんまのために特別な肉を用意しているとのことで、その肉を焼いている最中だというベランダに行ってみることに。するとそこには尾田先生が仕掛けたさらなるサプライズが……。さんまがベランダに向かった先で肉を焼いていたのは、なんと真っ白なコックコート姿の木村拓哉! 尾田先生のことを“尾田っち”と呼ぶほど仲のよい木村が“肉焼きコック”のオファーを尾田先生から受けた驚きのやりとりとは!? そして「尾田さんが用意したすごいお肉を木村が焼くってすごい料理やぞ!」と、さんまが興奮気味に話す肉の味はいかに!?

木村がテーブルに肉を運ぶと、さんまが食い気味に「いただきまーす!」と言ってしまうほど美しい肉に一同大興奮! その後、おいしい肉に舌鼓を打ちながら、尾田先生が木村との出会いに隠された感動秘話を惜しげもなく披露。また、「ONE PIECE」ファンのブラックマヨネーズ・吉田敬が尾田先生に対し、「予想していた以上に人気が出たキャラクターは?」という質問を投げかけると、意外な答えが飛び出す。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ