花田優一のパワハラ被害は吉岡里帆実弟以外にも!? 放蕩息子を生み出した河野景子の講演会も大ピンチ!

日刊サイゾー

2019/1/8 02:30


 1月5日発売の「女性自身」(光文社)にて、女優・吉岡里帆の実弟が靴職人でタレント・花田優一のもとに弟子入りしたものの、優一のパワハラが原因で退職したことが報じられ、話題となっている。

記事によると、元々、地元・京都でシェフ修業をしていた吉岡の実弟だったが、姉の活躍を見て、自分の力を試したいと上京。吉岡から優一を紹介され、靴職人になるべく優一に弟子入りした。しかし、そんな実弟に与えられた仕事は、もっぱら“顧客たちからのクレーム対応”だったそう。さらに、実弟がクレームについて報告しても優一は取り合わず、飲み歩いてばかり。次第に実弟は弟子入りしたことを後悔し始め、弟子入りから3カ月後、ついに靴職人への道を断念。それを聞いた吉岡は涙を流したという。

今でも兄弟とキスをするという共通点で仲良くなったという吉岡と優一。それだけに、友人を信頼して実弟を預けたのにもかかわらず、このような結果に。これについて記者から問われた優一は途端にムッとした表情で「あ~、もう辞めているしね。理由? まぁ彼にもいろいろと考えがあったのでしょう」と開き直った態度を見せ、車で走り去っていたという。

そんな優一だが、パワハラは日常茶飯事と言ってもいいようで、「過去にも弟子を取ったはいいが、問題を起こしている」と芸能ライターは語る。

「優一さんに弟子入りしたいと志願する声は少ないようです。以前出演した『情報ライブ!ミヤネ屋』(日本テレビ系)では22歳の女性が志願してきたことを明かし、『僕のブログとかを見ていただいて連絡が来まして。だいたいお断りさせていただくんですけど、彼女の熱意がすごく伝わってきたので工房で面接させていただいて採用させていただきました』と経緯を話していました。しかし、結局その彼女も1年後には一般企業に転職したとのこと。優一さんからのパワハラは以前から日常的にあったのかもしれません」

この件もあってか、今回の報道に対し、ネットでは優一に批判が殺到しているのはもちろん、被害者の姉である吉岡にも批判が集まっているようだ。

「世間では優一さんに対して『クズ!』『サイコパスみたい!』といった辛らつなコメントが殺到。『最低の人間』とまで断罪されていました。また、吉岡さんに対しても『どうして胡散臭いやつを紹介したんだ!?』『弟のために弟子入り相手の身辺調査しないとダメじゃない!?』と厳しい声が飛んでいました。まあ、靴職人としての技術もなければ、仕事にもなっていない優一さんと弟さんを引き合わせた吉岡さんにも問題があるかもしれませんね」(同)

このパワハラ問題以外にも未納品問題など、次から次へとトラブルを起こしていることが報じられている優一。そのためか、ネットでは優一の母・河野景子に対しても、厳しい声
が上がっているという。

「優一さんは以前バラエティ番組で、景子さんから『あなたは好きなようにやりなさい』と幼い頃から言われて育ったことを告白していました。しかしこれが、『優一さんのわがままな性格を作り上げたのでは?』とネットでは言われており、景子さんにも厳しい批判が殺到している状態です。さらに、直近でも、息子の俳優転身を賛成していたことから、河野の子育てを疑問視する人は多い。『笑顔の子育て術』『心を掴むコミュニケーション術』といったテーマで講演会活動している景子さんですが、息子のわがままのせいで今後の講演会活動にも支障が出てくるのでは、といわれています」(同)

母親に甘やかされて育ってしまったせいか、顧客や友人の弟にまで迷惑をかけている優一。「被害者から訴えられないと自分が悪いと気づかないのかも」という厳しい声が上がっているだけに、今後のためにも早く自分の置かれている立場に気づいたほうがいいのかもしれない。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ