「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」初夏公開決定 牧之原翔子が登場する第2弾CMも公開

アニメハック

2019/1/7 19:00

(C)2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project
 劇場アニメ「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」が2019年初夏に公開されることが決定した。水瀬いのりが演じるメインキャラクター・牧之原翔子のセリフとともに展開する、第2弾CMも公開されている。

原作は、鴨志田一氏による人気小説「青春ブタ野郎」シリーズ(KADOKAWA刊)。変わり者の高校2年生・梓川咲太と、「思春期症候群」を発症した少女たちの姿を描く思春期ファンタジー作品で、18年10~12月には第1巻「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」ほかがテレビアニメ化された。

「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」では、同タイトルの原作小説第6巻と、第7巻「青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない」をアニメ化。咲太の初恋の相手である翔子が、なぜか中学生と大人のふたりになって現れたことをきっかけとして、咲太と恋人の桜島麻衣との関係はぎこちないものになってしまう。そんななか咲太は、中学生の翔子が重病を患っていることを知る。

東京・新宿バルト9など全国31の上映劇場では、1月4日から特典付き前売り券の販売がスタートした。キャラクターデザインを担当する田村里美によるイラストも描かれた「特製イラストカード」が付属し、価格は1500円(税込み)。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ