<いだてん>「キャストが豪華すぎて大渋滞」と嬉しい悲鳴!テンポよい物語に「さすがクドカン」の声も【視聴熱TOP3】

webサイト「ザテレビジョン」では、1月6日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「いだてん~東京オリムピック噺~」(毎週日曜夜8:00-8:45、NHK総合)44890pt

2019年の大河ドラマが1月6日にスタートし、第1回「夜明け前」が放送された。日本で初めてオリンピックに参加した金栗四三(中村勘九郎)と、日本にオリンピックを招致した田畑政治(阿部サダヲ)の半生を、古今亭志ん生(ビートたけし)の噺を通じて描いていく。

オリンピック招致目前の昭和34(1959)年。志ん生は寄席の高座で、50年前の日本のオリンピック初参加にまつわる噺を語りだす。それは明治42(1909)年、柔道の創始者で高等師範学校の校長・嘉納治五郎(役所広司)が、ストックホルムオリンピックを目指して悪戦苦闘していた時代だった。

冒頭では、田畑をはじめ1964東京招致チームとしてジャーナリスト・平沢和重(星野源)、JOC常任委員・岩田幸彰(松坂桃李)ら物語後半のキャストも登場。さらに、竹野内豊、杉本哲太ら豪華な顔ぶれが次々と登場し、SNSでは「キャストが豪華すぎて大渋滞」との声も。

また、のちに四三の盟友となる三島弥彦(生田斗真)が所属する日本最初のスポーツ同好会「天狗倶楽部」のメンバーとして、満島真之介、武井壮、近藤公園らが顔をそろえ、上半身の裸を見せるなど、そのハイテンションぶりが話題に。ドラマタイトルとともに「天狗倶楽部」もトレンド入りした。

15分拡大版となった第1回で、前半の主人公・四三が登場したのはラスト5分前。嘉納が日本人初のオリンピック選手を見つけるために開催した“未曾有の大運動会”で姿を現した。あいにくの雨の中、脱落者が多発したマラソンでゴールに駆け込んできた四三は、紅白帽の赤い染料が雨と汗で落ち、顔が赤く染まっていた。その顔が、演じる勘九郎の本職である歌舞伎の隈取りのようだったことも大きな注目を集めた。

明治と昭和のエピソードが交差して展開していったが、そのテンポのよさやクライマックスへの持っていき方に「さすがクドカン」と脚本を担当する宮藤官九郎を称える声も上がった。

2位「ゆうべはお楽しみでしたね」(毎週火曜夜1:28-1:58ほか、TBSほか)11043pt

オンラインゲーム「ドラゴンクエストⅩ」をモチーフにした人気漫画を、本田翼、岡山天音のダブル主演でMBS/TBSドラマイズム枠にて実写ドラマ化。TBSでは1月8日(火)からスタートとなるが、MBSでは1月6日に第1話が放送された。

オープニングテーマをそらる、主題歌をTHE RAMPAGEが担当し、たくみ(岡山)のバイト先であるアニメイトの名物店長・大仁田役で宮野真守が出演。さらに、劇中でたくみとみやこ(本田)がプレーする「ドラゴンクエストⅩ」内のキャラクターの声を、釘宮理恵、安本洋貴、内田雄馬ら人気声優陣が務めることにも大きな注目が。まずは関西圏のみでの放送ながら、堂々の2位にランクインした。

第1話のストーリーは、オンラインゲーム「ドラゴンクエストⅩ」内で“パウダー”という女子キャラクターに扮(ふん)しているたくみが、仲良くなった“ゴローさん”とシェアハウスすることに。待ち合わせ先の駅にいたのは、ゲーム内のキャラとは似ても似つかないギャル系女子・みやこ(本田)だった。

3位「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」(フジテレビ系)9369pt

フランス文学「レ・ミゼラブル」を、ディーン・フジオカと井浦新のダブル主演でドラマ化。平成3~7年の神戸、平成16年の東京、平成30年の福島と3部構成で、平成の約30年間に及ぶ大河エンターテインメントとして描かれた。

第1幕では、母(富田靖子)をだまして全財産を巻き上げた斎藤(寺脇康文)を、正当防衛の末に殺めてしまった純(吉沢亮)が、危篤の弟の元へ向かうべく刑務所を脱走。だが、弟はすでに死亡しており、絶望で自殺しかけたところを、自立支援施設を営む徳田(奥田瑛二)に助けられ、そこで弁護士を目指す拓海(村上虹郎)と出会う。

一方、斎藤の息子・涼介(清水尋也)は、父親が殺された理由が投資詐欺を働いたせいだと世間に知られ、まるで加害者家族のような報道被害にあってしまう。そんな中、阪神・淡路大震災が起き、純は命を落とした拓海に成りすまして生活するようになる。

オレオレ詐欺、東日本大震災など、平成の時代にあった出来事を取り込みながら、弁護士になった純(ディーン)と、刑事になった涼介(井浦)が対峙する壮大な物語が展開。ディーンと井浦をはじめとする役者陣の演技、ストーリーの巧みさに称賛が寄せられ、「見応えあった」との感想が続々と上がった。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/175013/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ