内村光良、初の書き下ろし長編小説「コツコツと書き進めていきました」


お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良が、初の書き下ろし長編小説『ふたたび蝉の声』(小学館)を3月1日に発売することが明らかになった。

54年間生きてきた内村の人生観や家族や友人など、いろいろな想いを込めて書かれたという同作。人生の折り返し地点を過ぎた主人公の半生を中心に、 大切な人との絆・関係が描かれる"家族"と"人生"の物語だ。

内村は「2019年 最初のお知らせは、 本の発売でございます」とコメントし、「この度書き下ろした小説『ふたたび蝉の声』は54年間生きてきた自分の人生観、 家族や友人等、 いろいろな想いを込めて書いた群像劇です」と紹介する。

そして内村は「知り合いの誰かと誰かを足して創った人物もいれば、 まったくの想像で創った人物もいたり…」と執筆の裏話を披露し、「昨年はこの小説の執筆を主に朝方、 コツコツと書き進めていきました。 文章の推敲や加筆、 修正など年末までかかりましたが、 楽しみながら、 かみ締めながら書きました」と明かした。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ