キャラ&監督で楽しむ『CSI:科学捜査班』セレクションが2019年2月17日(日)より放送!

海外ドラマNAVI

2019/1/7 16:00

2000年から15シーズンにわたって続いた大ヒット犯罪捜査ドラマ『CSI:科学捜査班』。そのセレクションがAXNにて2019年2月17日(日)より放送される。人気のキャラクターの初登場、注目監督が担当したエピソードというテーマ別にそれぞれ6本厳選された、ファン必見の、そして本作をまだ観たことがない人も入りやすい特別編だ。

【関連記事】【まとめ】主役が去った後も続いた海外ドラマ10選

セレクションの内容・放送日時は以下の通り。

<『CSI:科学捜査班』セレクション>
■セレクション(1)大人気キャラクター初登場エピソード
 2019年2月17日(日)10:00~15:30に放送
・シーズン1第1話「非情の街ラスベガス」...ギル・グリッソム、キャサリン・ウィロウズ、ニック・ストークスら主要メンバー初登場
・シーズン1第2話「呪いのジャックポット」
...サラ・サイドル初登場
・シーズン2第8話「倒錯の館」
...レディ・ヘザー初登場
・シーズン3第11話「殺しのレシピ」
...デヴィッド・ホッジス初登場
・シーズン9第9話「最後の授業(前編)」
...レイモンド・ラングストン初登場
・シーズン12第1話「73秒間の修羅場」
...D・B・ラッセル初登場

■セレクション(2)あの人が監督したユニークなエピソード
 2019年2月24日(日)10:00~15:30に放送
・シーズン5第24話「CSI"12時間"の死闘 [前編]」&シーズン5第25話「CSI"12時間"の死闘 [後編]」
...クエンティン・タランティーノ監督担当エピソード
・シーズン8第9話「アル・カポネの椅子」&シーズン9第18話「オグンのいけにえ」
...ウィリアム・フリードキン監督担当エピソード
・シーズン11第16話「ウォーキング・デッドマン」&シーズン12第8話「過去から来た処刑人」
...ポール・マクレーン監督担当エピソード

「キャラクター初登場」編ではCSIの初代捜査官たちのほか、ギル・グリッソムが知り合うミステリアスな美女で何度か捜査に協力するレディ・ヘザー、周囲の空気は読めないけれど分析力は高い分析官(のちに捜査官に昇格)のデヴィッド・ホッジス、シリーズ後半でチームに加わったレイモンド・ラングストン、D・B・ラッセルが登場。

そして注目監督エピソードでは、『パルプ・フィクション』『キル・ビル』のクエンティン・タランティーノ、『フレンチ・コネクション』『エクソシスト』のウィリアム・フリードキンというアカデミー賞受賞者である有名監督二人に加えて、『ER 緊急救命室』のロバート・ロマノ役で知られ、2002年から監督も務めるポール・マクレーンの担当したエピソードをお届け。

2019年3月から字幕版で『CSI:科学捜査班』全336話が一挙放送されるが、一足先に同作の魅力を先取りできるエピソードを楽しんでみては? そして鑑賞後は同シリーズの作品データベースで視聴記録を付けよう!(海外ドラマNAVI)

Photo:『CSI:科学捜査班』
(C)2019 CBS Studios Inc.

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ