内村光良、初の長編小説書き下ろし「噛み締めながら書きました」

dwango.jp news

2019/1/7 15:30


ウッチャンこと内村光良初の書き下ろし長編小説「ふたたび蝉の声」(小学館)が2019年3月に発売されることがわかった。

54年間生きてきた内村光良の人生観、家族や友人等、いろいろな想いを込めて書いた群像小説。人生の折り返し地点を過ぎた主人公の半生を中心に、主人公の家族、親友……大切な人との絆、関係を描く。昭和、平成を必死に生き、支え合ったそれぞれの世代の”家族”と”人生”の物語だ。

五十歳を目前に控えた進は、役者という職業を細々と続けながら、東京で暮らしている。最近ようやく順調に仕事が入るようになったが、娘と妻のいる家庭内では、どうにも居心地の悪さを感じるようになった。ときどき、ふと漠然とした不安を感じることがある。これから自分たちはどうなっていくのか……。故郷で一緒に育った姉、友人。老いていく父と母、そして今の家族、妻と娘。進の人生に関わる様々な人がいる。そして、それぞれがひとりひとりの人生を生きている。でも、どこかで重なり、繋がり、そしてお互いの人生に何かのきっかけを与え続けていく――。“人生は、長いようであっという間”翻弄され、迷いながらも家族や人生と向き合い、懸命に生きる人々を描いた群像小説。

<内村光良 コメント>
2019年 最初のお知らせは、本の発売でございます。この度書き下ろした小説『ふたたび蝉の声』は54年間生きてきた自分の人生観、家族や友人等、いろいろな想いを込めて書いた群像劇です。知り合いの誰かと誰かを足して創った人物もいれば、まったくの想像で創った人物もいたり・・・・・・。昨年はこの小説の執筆を主に朝方、コツコツと書き進めていきました。文章の推敲や加筆、修正など年末までかかりましたが、楽しみながら、噛み締めながら書きました。どうぞよろしくお願い致します。

■『ふたたび蝉の声』内村 光良
2019年3月1日発売予定 
定価:本体1600円+税
四六判並製 304ページ
ISBN978-4-09-386535-7

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ