同窓会でまさかの“おっさんずラブ”発生。女性全員が大興奮した展開とは

女子SPA!

2019/1/7 15:47



学生時代に憧れていた相手と再会し、あの頃の甘酸っぱい気持ちが再熱!? ……なんて非日常なロマンスも、「同窓会」の魅力の一つだったりしますよね。

「学生時代、学年の人気者だった生徒会長のM君に会えるかも」と、テンション高めに夏の同窓会に参加した天見留美さん(仮名、28歳・歯科助手)も、そんなロマンスを期待していたうちの一人だったといいます。

◆カンペキな“超モテ王子”の周りに、参加女性たちが殺到

「学生時代、『同じ学年の女子なら、大抵誰でも一度は好きになる』と言われていたのが、モテ男・生徒会長のM君でした。俳優の窪田正孝似のイケメンで、バレーで全国大会にも出場。まるで少女漫画の王道の王子様を地でいくような、カンペキ人間なんです」

「王子(M君)が初めて同窓会に来るらしい」という噂が事前に広まったのも影響したのか、女性の欠席者はほぼゼロ。王子を狙って、「あわよくば距離を縮めたい」とたくらむ子も相当いたようです。

「彼がまだ独身だと聞いて、アラサー女子たちは一気に戦闘モードに突入しました。王子の席だけ女性の集団のど真ん中に陣取って、完全な包囲網を敷いたり。基本的には派手で可愛い女性たちが王子の周辺の席を死守していたんですが、クラスのマドンナも王子の近くからほとんど離れない。遠くにいる男性たちの席からはブーイングが聞こえていました」

◆王子のカミングアウト「職場の上司(♂)が好きで……」

イケメンを囲んで、バチバチに飛び交う女同士の火花。そして遠巻きにうらやましそうな顔で見つめる男たちの視線、殺伐(さつばつ)とする現場。完全に王子の一人勝ち&ハーレム状態……かと思いきや、彼の意外すぎる“カミングアウト”で現場の雰囲気は一変します。

「女性たちの間で困ったようにはにかみながら、王子がふと、『これだけ女子がいるから、ちょっと恋愛系の相談に乗ってもらってもいい?』と切り出したんです」

王子から切り出されたまさかの恋愛トーク。そして続けて放った王子の一言が、女子たちにさらなる追い打ちをかけます……

「今俺ね、実は職場の上司が好きなの。男だよ」

「年齢も一回り近く上なんだけど……」

「こういうのって最近ドラマになってるんだよね? でもやっぱり引く?」と、不安げに語る王子。

「王子狙いだった女子たちが困惑する中、『シュバババババッ!!』と、男性同士の恋愛マンガやドラマが大好きな“自称腐女子”の集団が一気に押し寄せ、王子は一瞬でまた新たな集団に取り囲まれていました。実際に学生時代から男性人気も高かったんですが、まさか本当に男性を好きになるなんて……」

天見さんもほかの女子と同様に、「一瞬目の前が真っ暗になった」といいますが、彼の恋愛相談を聞いているうちにいつの間にか女子全員がノリノリになっていったとか。

◆同窓会終了後、さらに大コーフンの展開に!

「最初はビックリしたんですけど、彼がすごく乙女でピュアなんですよ。上司からの一言にキュンとしたとか、表情や視線ひとつで色々考えこんじゃうとか。

もうリアルなあのドラマを見てるみたいで、結局ほとんどの女子が彼の周りに集まって、あーでもない、こーでもないと相談に乗ってるんです(笑)。その光景はまるで、ドラマ『おっさんずラブ』のオフ会のような雰囲気でした」

ドラマの広告ポスターに書かれたキャッチコピーに、『ライバルは女。そんな常識、今はもうない』という一言がありますが、まさにその通り。しかし、一瞬で女性たちを味方に付けて相談に乗ってもらえるのも王子の人徳のなせる業です。

「一瞬だけ生じた殺伐とした雰囲気もすぐに吹き飛び、大盛り上がりで同窓会は終了しました。ただ、この話には続きがあって……。

王子に次いでモテ男子だったF君が、王子のカミングアウトを聞いたあとLINEで王子に告白したらしいんです。F君は王子とは対照的に、斉藤工のような一見ぶっきらぼうな感じ」

女友達がF君に「あなたゲイだったの!?」と聞いたら、しばらく無言が続いたあと、「男が好きなんじゃなくて、好きになったMがたまたま男だったってだけのことじゃん」とボソッと一言答えたそうです。

「まさかの三角関係。もう“リアルおっさんずラブ”の今の状況に萌え死にしそうです……!」

恋愛の多様性とともに、同窓会に生まれる新たなロマンスのきっかけ。現在はまだ進展はないようですが、恋愛に決まりなんてない、縛りもない、常識もない。今後のリアルおっさんずラブの行方が気になります!

―シリーズ ドキドキ?ガッカリ?同窓会エピソード vol.12―

<文/赤山ひかる イラスト/やましたともこ>

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ