水原希子、専門用語に苦戦「漢字嫌いなんです」


モデルで女優の水原希子が7日、都内で行われたTBS系日曜劇場『グッドワイフ』(1月13日スタート、毎週日曜21:00~)のプレミアム試写会&舞台挨拶に、主演の常盤貴子をはじめ、唐沢寿明、小泉孝太郎、北村匠海、滝藤賢一、賀来千香子、吉田鋼太郎とともに出席した。

このドラマは、リドリー・スコットが製作総指揮を務め、2009年から7年間アメリカで放送された『The Good Wife』が原作。夫(唐沢)の裏切りと逮捕で人生が一変してしまった主人公・蓮見杏子(常盤)が、弁護士という仕事を通して自らの困難に果敢に立ち向かっていく姿を描く。

杏子が16年ぶりに弁護士として働き出す神山多田法律事務所のパラリーガル・円香みちるを演じる水原は「すごくミステリアスな役どころで、とにかくクール。監督から『みんなに一定に心を閉ざしてね』って」と自身の役について説明。「私がテンションが高くて性格が明るいので、一定に閉ざすのが本当に難しくて、キャストのみなさまと監督に支えられながら演じさせていただいています」と語った。

また、常盤が難しいセリフをテンポよく言わなければいけないという弁護士の役ならではの苦労を明かすと、水原も「必死です。本当に大変です」と吐露。難しい漢字の専門用語も多く出てくるようで、「漢字嫌いなんです。すごい難しくて……」と嘆いていた

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ