ZOZO前澤社長の「お年玉100万円」が当たる確率を計算した結果…



2019年に入っても、あの人の勢いが止まらない。そう、ZOZOの社長にして剛力彩芽さんの彼氏、さらには民間人としては初となる月へ行く予定の男、前澤友作社長である。

その前澤社長が「現金100万円を100人にプレゼントする」とツイートしTwitterはお祭り騒ぎになっているが、気になる当選の確率は……? 計算してみたところ、なかなか天文学的な数字だったのでお伝えしたい。

・世界記録を更新
前澤社長のTwitterをフォローし、該当のツイートをリツイートするだけで現金100万が当たる……かもしれないと話題のツイート。2019年1月7日12時現在、リツイート数は380万を突破、これはTwitterにおける世界記録だという。

100万円が100人にあたる……! シンプルながら夢のある企画、しかも “時の人” 前澤社長が仕掛け人とくれば、これだけ話題になるのは当然なのかもしれない。Twitterには類似企画も多く登場し、完全にお祭り状態となっている。

ところで──。

リツイート数が多くなればなるほど当選する確率は低くなるもの。現段階でのリツイート数は「385万5866」だが、数字に直すとどうなるのだろう? 計算してみたところ……

約0.0026パーセント

……となった。いまいちピンと来ない人に説明すると、3万8559人に1人当たる計算で、これは一般的に言われている「飛行機が墜落する確率1 / 20万」や「雷に打たれる確率1 / 1000万」よりも高いことになる。つまり、超ポジティブに考えれば「メチャメチャ当たりやすい」とも言えるだろう。

とはいえ、リツイート数はさらに伸び続けていく見込みだから、最終的には0.0026パーセントよりもさらに低い確率になるハズだ。それでも「リツイートしないと当たらない」のは宝くじと同じ。1月7日24時が締め切りだから、100万円が欲しい人は前澤社長のTwitterをフォローして、該当ツイートをリツイートしておこう。

参照元:Twitter@yousuck2020
Report:P.K.サンジュン

関連ツイートはこちら
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ