グリーンが映える♡【セリア】グッズで作るお洒落な《リメ缶》&活用アイデア!

folk

2019/1/7 12:30


空き缶を再利用して楽しめる「リメ缶」。

DIYで使用するラベルやペイント類の応用で気軽に作ることができる、人気のDIYアイデアです。

グリーンとも相性が良く、シャビーシックで素敵なインテリアが完成しますよ♪

今回は、セリアのグッズを使ったリメ缶の作成例やグリーンとの組み合わせやお洒落な活用法をご紹介していきます!

【セリア】グッズで作るリメ缶♪

ラベル汚し×サビ加工


ラベル汚し×サビ加工

instagram(@mirionrose)

クラフト紙にラベル風の印刷をして、アクリル絵の具でペイント済みの缶にぺたり♪

アクリル絵の具や水性ニスもセリアで手に入ります。

サビ加工がシャビーシックで素敵ですね♪

ミルクペイント×ステンシル


ミルクペイント×ステンシル

instagram(@mirionrose)

そのままペイントすれば、ラベルに比べて耐水性が高くなります。

ステンシルならデザインが決まっているので、ぶきっちょさんにもおすすめですよ!

100均でさまざまな種類のデザインを取り扱っているので、組み合わせてセンス良く仕上げたいですね。

相性抜群♡「リメ缶×グリーン」のアレンジ例4選

ぷっくり可愛い「多肉植物」


ぷっくり可愛い「多肉植物」

instagram(@javajmer)

丸っこい形が可愛くて人気の「多肉植物」。

リメ缶と組み合わせるだけで、目を引く素敵なインテリアが完成します。

100均でも取り扱っているので、色々な種類のものを寄せ植えすることで賑やかになりますね。

乾燥した土地の植物なので、お世話がかなり楽なのも魅力です♪

「サボテン」で男前&ブルックリン風に


「サボテン」で男前&ブルックリン風に

instagram(@petit.mily)

こちらも乾燥した土地の植物、「サボテン」。

多肉植物と同じく、グリーン初心者にも扱いやすい植物です。

トゲトゲとしていてクールな雰囲気は、男前インテリアやブルックリン風とも相性◎ですね!

ジャンクな雰囲気にぴったりの「苔玉」


ジャンクな雰囲気にぴったりの「苔玉」

instagram(@javajmer)

リメ缶で人気なのが、サビ加工やラベル汚しなどのヴィンテージ風リメイク

そしてその加工に似合うのが「苔玉」です。

まるで自生してるかのような、どこかアートで年月を感じさせてくれるような組み合わせですね!

缶の形をアレンジしても◎


缶の形をアレンジしても◎

instagram(@v2evolution)

筒状の缶や薄めの缶など、缶の形だけでも個性を楽しめます。

こちらの画像ではアルミ缶を切って、バッグのような形にアレンジしています。

ツタ状の植物にも合いそうですね♪

アルミなら柔らかいので、アイデア次第で色々な形に加工することができますよ!

雑貨&インテリアとしての活用アイデア4選

ペン立てなど小物入れに


ペン立てなど小物入れに

instagram(@eririichi)

色々な形や大きさのものがある缶。

ちょっと深めならペン立てに、浅めのものなら小物入れとして使えます。

これなら空き缶を再利用しつつ、統一感も出すことができますね。

ペン立てなど小物入れに2

instagram(@nanoku3291)

針金をハンドル代わりに取り付ければ、掛ける収納にも♪

バケツのようで可愛らしいですね!

見せる収納として活用しつつ、持ち運びにも便利で一石二鳥です。

マクラメ編みで吊り下げる


マクラメ編みで吊り下げる

instagram(@maaco.uw)

プラントハンガーでもお馴染みの「マクラメ編み」をリメ缶でアレンジ。

インダストリアルな雰囲気が素敵です♡

植物を飾ってもいいですし、缶なら少し深さがあるので小物入れとしても活用できそうですね。

可愛いミニチュアに


可愛いミニチュアに

instagram(@petit.mily)

アートが得意なら、物語を感じさせるようなミニチュアにリメイクしても素敵です。

筒状の形を活かして小屋に見立てたり、寄せ植えした隙間に動物などの小さなフィギュアをのせてみても可愛いですね♪

まとめ


いかがでしたか?

今回は、セリアのグッズで作るリメ缶のアレンジ例や、リメ缶×グリーンとの組み合わせ&活用例をご紹介しました。

手軽に手に入る空き缶で作ることができるリメ缶。

ヴィンテージ加工をすることでシャビーシックに仕上がりますし、経年劣化でより味が出るので長く楽しむことができますよ♪

皆さんも、是非DIYしてお部屋に取り入れてみてくださいね!

当記事はfolkの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ