2019年はクラフトビールがもっと身近に!ブレイク必至の神戸・大阪の注目2店

Walkerplus

2019/1/7 12:00

今や、すっかり身近になったクラフトビール。今回は関西で楽しめるクラフトビールのおいしいお店を2店ご紹介!<※情報は関西ウォーカー2号(2019年1月4日発売号)より>

■ 神戸の新定番みやげクラフトジャーキーを食べよう!「NICK JERKY」

NICK JERKYは、三宮の精肉店Nickのクラフトジャーキー専門店。塩漬、熟成、乾干など各工程にこだわりぬいた最高峰ジャーキーは肉と脂の旨味が格別! 幻の但馬牛「但馬玄」や神戸ビーフ、神戸ポークを使用した逸品はすでに新たな神戸みやげとして注目の的に。

遠赤外線とマイナスイオンを放射する専用セラーで、ブロック肉の中心部まで熟成。アミノ酸や旨味・甘味成分が倍増することで、肉本来の深い味わいと濃厚な旨味が際立つ。

「精肉店での経験を生かして、今後はいろんなジャーキーに挑戦! 神戸を代表するおみやげにしていきたいです」と、オーナーの錦 昭光さん。

■NICK JERKY<住所:兵庫県神戸市中央区北野町3-6-17地下 電話:078-242-0022 時間:11:00~20:00(LO) 休み:不定休 席数:10席 ※スタンディングも可能 タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:各線三宮駅より徒歩12分>

■ 設置店急増でクラフトビールが身近に「カクウチ ちょこっと」

カクウチ ちょこっとは、10種以上そろうチューハイなどドリンクが充実する立ち飲み店。オープンと同時に導入したタップ・マルシェで2種のクラフトビールが味わえることが話題。約45種ある料理がほぼ税別380円以下。気軽に立ち寄れるので、早くも周辺ビジネスマンのたまり場となっている。

よなよなエールは、どっしりとしたビールが多いエール系ながら、華やかで香りの良さが際立つ。360mlの「わっしょい」は918円。特製つくねは、軽く揚げた鶏ミンチに醤油ダレをかけたアツアツ料理。店でもトップクラスの人気メニュー。

タップ・マルシェは2018年3月から全国展開し、現在近畿圏で1000店以上が導入するクラフトビールのビアサーバー。立ち飲みでも、気軽にクラフトビールが楽しめるように。

「クリエイティブ関係の仕事をしているお客さんが多いからか、クラフトビールの知識もあってよく出ます」と、店主の森 悠介さん。

■カクウチ ちょこっと<住所:大阪市西区京町堀1-7-5 アルカディーナ京町堀 1F 電話:06-6447-7117 時間:15:00~24:00 休み:日曜 席数:スタンディング約20人 タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:地下鉄肥後橋駅より徒歩5分>(関西ウォーカー・関西ウォーカー編集部)

https://news.walkerplus.com/article/174060/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ