週間 前半また大雪の恐れ 後半は春の気配

日直予報士

2019/1/7 11:56

あす8日(火)からあさって9日(水)にかけて、再び強い冬型の気圧配置に。北日本と東日本の日本海側では大雪の恐れ。週の後半は平年より気温が高く、春の気配を感じられる日もありそう。

●あすの天気

あす8日(火)は、再び冬型の気圧配置が強まるでしょう。北陸は雨や雪となり、雷を伴う所があるでしょう。東北から北海道の日本海側は断続的に雪が降り、ふぶく所もありそうです。一方太平洋側は晴れる所が多く、最高気温は関東から九州は10度以上で3月並みの所もあるでしょう。

●あさって以降の週間天気

あさって9日(水)にかけて強い冬型の気圧配置が続きます。山陰から北海道の日本海側は雪が降り、特に北陸から東北、北海道の日本海側は荒天や大雪の恐れがあります。交通機関へ影響が出る可能性がありますので、飛行機や鉄道など最新の交通情報を確認して行動してください。10日(木)になると日本海側の雪は弱まる見込みです。太平洋側は晴れるでしょう。最高気温は、全国的に9日(水)は平年より低く、厳しい寒さですが、10日(木)以降は関東から九州は10度以上で、3月並みの所が多い見込みです。特に四国や九州で平年より高い日が多くなりそうです。沖縄は25度前後まで上がる日もあり、4月並みの暖かさでしょう。寒さの中にも春を感じられる日もある1週間になりそうです。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ