<いだてん>隅田川を泳ぐ“巨大”阿部サダヲに大反響!「ぜんぶ持っていった笑!!」

宮藤官九郎が脚本、中村勘九郎と阿部サダヲが主演を務める大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第1回「夜明け前」が1月6日に放送された。大友良英氏作曲の軽快なテーマ曲に乗せたタイトルバック映像には、阿部が“隅田川で泳ぐ”シーンもあり、視聴者から反響を呼んでいる。

1912年に日本で初めてオリンピックに参加した金栗四三(勘九郎)と、1964年の東京オリンピックを成功に導いた田畑政治(阿部)という2人の主人公がリレー形式で登場し、日本とオリンピックの知られざる歴史を描いていく「いだてん―」。

初回は1909(明治42)年、柔道の創始者・嘉納治五郎(役所広司)らが日本人のストックホルム大会出場を目指した時代の物語と、その50年後の1959(昭和34)年、東京にオリンピック招致を目指す田畑らのエピソードが交互に展開した。

■ ファン納得!「コメントの意味がやっと分かった」

この日は、番組のタイトルバック映像も初お目見え。華々しいファンファーレと横尾忠則氏による“動くタイトルロゴ”で幕を開け、画家・山口晃氏による東京の街の鳥観図と東京オリンピックのようすや昭和30年代の東京を映した資料映像、出演者の映像の組み合わせで仕上げられたポップなタイトルバックが注目を集めた。

中でもひときわ目を引くのは、黒ぶちメガネに髪を七三分けになでつけスーツを着込んだ田畑(阿部)が隅田川を平泳ぎで進むシーン。川に比べて田畑のサイズが異常に大きく、まるで巨大な生物が泳いでいるようなとびきりユニークな映像に仕上がっている。

当の阿部は、第1回の試写会後に行われた会見でこのシーンについて「僕は『隅田川を泳ぐ』って言われて『なんで!?』って思ってたんですけど、ちゃんと泳いでましたね」と語っていたが、その言葉通りの仕上がり。視聴者からは「シュール!」「声を出して笑った」「このセンス好き」「ぜんぶ持っていった笑」といった感想に加え、「阿部サダヲのコメントの意味がやっとわかった」という納得の声も上がっている。

本編では冒頭でちらりと登場した阿部だが、主人公として本格的にドラマのカギを握るのはもう少し先のこと。それまでは、“隅田川を泳ぐ巨大生物”として視聴者を楽しませてくれそうだ。

1月13日は第2回「坊ちゃん」を放送する。若き日の金栗四三は、学校まで往復12キロを走る「いだてん通学」で虚弱体質を克服し、軍人に憧れて海軍兵学校を受けるも不合格になる。身体を鍛えても無駄と落ち込む四三だが、幼なじみのスヤ(綾瀬はるか)に励まされ、嘉納が校長を務める東京高等師範学校への進学を決意する。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/174971/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ