パープルと相性のいいネイルカラーは?

Itnail

2019/1/7 07:00

上品なデザインからセクシーなデザインまで、さまざまなネイルアートに用いられるカラー、パープル。単色使いでも素敵な色味ではありますが、他の色と組み合わせるとデザインの幅がさらに広がります。この記事では、パープルと相性◎なネイルカラーをご紹介します。

■ パープル×グレーでアートするシックなネイル

DelimaiNail (中目黒)



via itnail.jp

これからの季節にぜひおすすめしたいのが、パープルとグレーを組み合わせたシックなネイルデザインです。

親指、人差し指、薬指はパープルで、残りの指はグレーでカラーリングといったシンプルなデザインにしてもいいですし、グレーベースにパープルでストライプ柄やドット柄、フラワー柄をアートするデザインもおすすめです。

パープルにも微量のグレーをMIXして少しくすんだ色味にすると、全体的に統一感のある仕上がりになりますよ♪

Dolce.Nail (埼玉)

Dolce.Nail (埼玉)



via itnail.jp

■ パープル×メタリックカラーでアートするお洒落ネイル

JULIET (愛知・名古屋)

JULIET (愛知・名古屋)



via itnail.jp

パープルは、ゴールドやシルバーをはじめとするメタリックカラーとの相性も抜群です。

例えば、ベースをパープルでカラーリングし、ゴールドホイルや金箔をポイント使いするデザインはいかがでしょうか。カラーリングしてパーツを乗せるだけならば、セルフでも簡単にアートできますよね。

他にも、パープル×ミラーネイルのバイカラーデザインにしたり、パープルベースにメタリックカラーのラインアートやドットアートをプラスしたり…というように、アイデア次第でデザインのバリエーションがかなり広がります。

Fran (香川・高松)

Fran (香川・高松)



via itnail.jp

■ パープル×鮮やかブルーでアートする上品ネイル

Rapure Nail (大阪)

Rapure Nail (大阪)



via itnail.jp

意外な組み合わせにも思えますが、パープルは鮮やかブルーとの相性も抜群です。もともとパープルはレッドとブルーを混ぜて作るカラーなので、ブルー系カラーとの親和性は良好なのです。

パープル×鮮やかブルーでアートする場合、これら2色で爪をカラーリングしてもいいですし、パープル×鮮やかブルーのグラデーションアートをしてもいいでしょう。それぞれの色にクリアジェルを混ぜて透明感を出すと、オフィスシーンでも使いやすい上品な仕上がりを楽しめますよ♪

パープルベースにターコイズカラーのストーンをあしらってエスニックテイストなデザインにしたり、パープルでカラーリングした爪先1ミリくらいに鮮やかブルーをプラスしてスキニーフレンチデザインにしたり…というように、これら2色を組み合わせると大人カッコいいデザインから上品なデザインまで、さまざまなネイルを作ることができます。

Itnail編集部

当記事はItnailの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ