三宅裕司がスキーで左大腿骨骨折 完治まで2、3カ月 小倉久寛が代役務のラジオに電話出演「骨休み」

 タレントの三宅裕司(67)がスキーで滑走中に転倒し、左大腿骨を骨折する大ケガを負った。

 所属事務所によると、三宅は休暇中の3日に長野県諏訪市でスキー中に転倒。現地の病院で左大腿骨転子部の骨折で完治まで2、3カ月と診断され、4日に手術を受けた。2週間程度で退院できる見込みで支障がない仕事については医師の指導のもと続ける。

 6日に放送されたニッポン放送のラジオ番組「三宅裕司 サンデーヒットパラダイス」(日曜前9・00)は欠席し小倉久寛(64)が代役で出演。三宅は電話出演し「痛みが取れてきてるところ。骨休みだよ」と元気そうに話した。13日も小倉が代役で、三宅は退院次第復帰する。ほかのレギュラー番組については協議中。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ