異例の大抜擢、ドラマ「イノセンス」主題歌はKing Gnu

dwango.jp news

2019/1/7 06:30


2019年1月16日にメジャーでの初リリースとなるNEW ALBUM『Sympa』を発表するKing Gnu(読み:きんぐ・ぬー)が、坂口健太郎が主演をつとめる日本テレビ系土曜ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の主題歌『白日』を書き下ろしたことが明らかになった。King Gnuがドラマ主題歌を手掛けるのは今回が初で、メジャーデビュー前に異例の大抜擢となった。

King Gnuは東京藝術大学出身で独自の活動を展開するクリエイター常田大希が2015年にSrv.Vinciという名前で活動がスタートし、その後、メンバーチェンジを経て、常田大希(Gt.Vo.)、勢喜遊(Drs.Sampler)、新井和輝(Ba.)、井口理(Vo.Key.)の4名体制となり2017年4月にバンド名をKing Gnuに改名し新たなスタートをきった。独自のポップセンスと色気が凝縮されたトーキョー・ニュー・ミクスチャーと称されるサウンドはもとより、FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL等大型フェスへの出演、盟友クリエイティブレーベル「PERIMETRON」と制作するMUSIC VIDEOが注目を集め、ワンマンLIVEも毎回即完。音楽・映像・アートワーク、LIVE全ての面において、唯一無二の世界観を築きあげている現在最も注目を浴びる音楽界のニューカマーというべき存在。今回の大抜擢を受け、King Gnuからは以下のコメントが寄せられている。

<King Gnu(常田大希)コメント>
大なり小なり誰しもが、罪を犯したり犯されたり、傷ついたり傷つけたりして、それでも生きているのでしょう。そんな時、心の襞にそっと寄り添い手を差し伸べてくれる主人公・黒川拓のような存在ほど大切にしたいものです。自分の書く曲もそうでありたいと願っています。

さらに、土曜ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』のプロデューサーである日本テレビ荻野哲弘氏からのコメントも寄せられている。

<日本テレビ荻野哲弘プロデューサー コメント>
初めてKing Gnuさんの楽曲を聴いた時、胸の奥がザワザワする感覚がしたことを今でもはっきりと覚えています。と同時に、一筋縄ではいかないアーティストさんかとも。『イノセンス 冤罪弁護士』は、無実なのに罪に問われた方々を救うべく、坂口健太郎さん演じる主人公・黒川拓と仲間たちが奔走するドラマです。例え無罪を勝ち取ったとしても、一度捕まって報道されれば厳しい世間の目に晒され続ける現実が待っています。それでも、未来に向かって前を向いて歩いて欲しいという主人公の祈りにも似た気持ちを楽曲に込めていただきたいとお願いしました。一筋縄ではいかないアーティスト=King Gnuさんのこの楽曲が、誰かを傷つけたり誰かに傷つけられたりしたことがあるドラマの視聴者の皆さんや私も含めた多くの方々の心に届くことを切望しております。

日本テレビ 土曜ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」は1月19日(土)よる10時からスタート(初回15分拡大スペシャル)する。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ