高畑充希、西島秀俊ら“おじさま”たちに囲まれ「“おじキュン”という言葉を流行らせたい」

TBS系で1月11日(金)から放送する金曜ドラマ「メゾン・ド・ポリス」(毎週金曜夜10:00-10:54)の、特別試写会と舞台挨拶が行われた。ドラマは、高畑充希演じる新人女性刑事・ひよりと、退職警察官専用シェアハウス“メゾン・ド・ポリス”で暮らす元警察官の“ワケあり”おじさまたちが難事件解決に挑む姿を描く物語だ。

舞台挨拶には主演の高畑をはじめ、西島秀俊、小日向文世、野口五郎、角野卓造、近藤正臣が登壇。作品の魅力や撮影中のエピソードなどを明かした。

新人刑事のひよりを演じる高畑は「初めての刑事役ということでドキドキしながら現場に入ったんですけど、皆さんとの撮影が和やかで毎日現場に行くのが楽しいドラマになっています」と笑顔であいさつを。

「スーツ着て髪を切ったら、すごく強くなれた気になるんです。ひよりは気持ちも強い人なので、気持ちもアクティブになっていきました」と、すっかりひよりが憑依している様子。さらに、今回役のために髪を短く切ったという高畑は「ひよりがどういう人なのかというのを監督たちと話し合って、あまり女の子っぽくないイメージになっていったので、髪の毛もパツンとしていたほうがひよりっぽいのかなと。そしたら、この世で一番無駄なドライヤーの時間が減ってとっても清々しい気持ちです(笑)」と、意外な感想で笑いを誘った。

また、メゾンの使用人でありながら元捜査一課の敏腕刑事という経歴を持つ夏目を演じる西島は「日本を代表する共演者のみなさまとシェアハウスに住むという役で、非常に僕も緊張していたんですけれども、現場が本当に和やかです」と、朗らかな表情を見せる。「今回、充希ちゃん演じるひよりという刑事を全員で父親代わりのように育てていくドラマでもあります。優しく、時には厳しく指導して立派な刑事に育てていきたいと思っています」と、決意を語った。

またメゾンの管理人で現場経験のない元刑事・高平を演じる小日向は「最近は、スタッフも含めて僕が一番年上だったりすることも多くなってきたんですけど、今回は近藤“まさひこ”さんと…」とあいさつするも、名前のミスに近藤がすかさず反応し「おい!(笑)」と突っ込みを。小日向は「すみません、緊張して…(笑)」と謝罪しながらも「この方々がいることで、僕は甘えたい気分になります。高畑さんだけずば抜けて若いですけれども、孫を見ている気分です」と、にっこり。

さらに、メゾンの住人で元科捜研のエースのキザな藤堂を演じる野口は、ドラマ「ケイゾク」(1999年)以来のTBS金曜ドラマ出演となる。野口は「今日は会場の控室に来た瞬間、小日向さんは窓から青山墓地を見て『みんなお墓どこにするの?』って(笑)。そういう話題ばかりでございます。久々で緊張していましたが、本当に楽しい現場です」と、語った。

メゾンの住人元叩き上げの熱血所轄刑事・迫田を演じる角野は「今までは女房と母親の間で板挟みになったり、上司と部下の間にサンドイッチになったりと軟弱な役が多かったんですが今回は、所轄の叩き上げで言葉は乱暴、柔道は強い、そんな役で本当にうれしいです(笑)」と、喜びを明かした。

また、メゾンのオーナーで元警察幹部の伊達を演じる近藤は「僕は親譲りの金持ちで大きい家を持っているおじさんなんだけれども、なぜこんな人たちを集めているのかと不思議で、台本を読みながら『私はいったい何者?』と探っているところです。とにかく展開が早く、このドラマの行方はどうなっていくのか、ひよりはなぜ警察官になったのか、謎がコロコロと転がっていきます。お楽しみに」と、見どころをアピールした。

現場では“おじさま”同士で盛り上がる話題があるようで、小日向が「現場では健康の話をしますね。ちゃんと定期健診受けるかどうかとか、たばこは控えたほうがいいとか…」と、明かすと共演者たちが頷いたが、高畑は「私はお墓の話には加われないので、ちょっと横で何となく聞いています(笑)」と苦笑い。

西島はそんな“おじさま”たちについて、「ドラマではおじさまたちはシェアハウスにいる時と、いざ事件が起きて捜査モードに入ると顔つきも変わってくるんです。そのギャップを楽しんでほしいですね」と明かすと、高畑は「おじさま方が本当に素敵ですし、色んなタイプのおじさまがいるので大好きな人が皆さんも見つかるんじゃないかと思います! “おじキュン”という言葉を流行らせたいのですがまだ私しか言ってない…(笑)」と、笑って見せた。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/174959/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ