高畑充希、西島秀俊らを前に「“おじキュン”という言葉をはやらせたい」

女優の高畑充希が、1月6日に都内で行われた主演ドラマ『メゾン・ド・ポリス』(TBS系、1月11日より毎週金曜日22時~)の特別試写会&舞台挨拶に、西島秀俊、小日向文世、野口五郎、角野卓造、近藤正臣と共に出席。高畑はドラマのためにロングヘア―をバッサリカットしたが「強くなれた気がします」と気を引き締めていた。

本作は、加藤実秋原作のシリーズ小説を実写ドラマ化。退職した警察関係者が住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」に訪れた新人刑事・牧野ひより(高畑)が“おじさま”たちに振り回されながら事件を解決していく姿を描いた一話完結の刑事ドラマ。

初の刑事役を演じることとなった高畑。最初に台本を読んだときは「ひよりちゃんという女性がどういう子かわからなかった」というが、スーツを含む衣装などを話あっていくうちに「髪の毛も長くないほうがいいかも」と思い、髪の毛を切ったという。

ボブヘアーになった高畑は「アクティブになり、気持ちも強くなれた気がします」と語ると「シャンプー後のドライヤーの時間がいままでの三分の一になりました。この世で一番無駄な時間がドライヤーだと思っていたので、すがすがしい気持ちです」と満面の笑顔を浮かべていた。

高畑演じるひよりを叱咤激励しながら見守る元捜査一課の敏腕刑事・夏目を演じた西島は、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(NHK)での共演経験があるが「あのときは父親役だったのですが、今回は“メゾン・ド・ポリス”のみんなで新米刑事を育てていく役柄。時には優しく、時には厳しく育てていきたいです」と抱負を語っていた。

「メゾン・ド・ポリス」には一筋縄ではいかない魅力的な“おじさん”たちが、多数登場するが、西島が「おじさま方みなさんは、シェアハウスにいるときと、事件に向き合っているときのギャップがすごい。そこに充希ちゃんもキュンとすると思います」と語ると、高畑も「本当に素敵なんです。私は“おじキュン”という言葉をはやらせたい」と意気揚々と宣言していた。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ