ブリトニー・スピアーズ、活動休止 父の治療のため

『...Baby One More Time』や『Toxic』などのヒット曲で知られるブリトニー・スピアーズ(37)。日々成長する2人の息子を育てながら、音楽活動を行ってきたブリトニーだが、現地時間4日に父ジェイミーさん(66)の健康上の理由から活動休止することを発表した。

ラスベガスの「Planet Hollywood(プラネット・ハリウッド)」で行われていたブリトニー・スピアーズのショー「Britney:Piece of Me」は4年間で248公演を数え、2017年に幕を閉じた。そして、今年2月13日からラスベガスの「Park MGM Las Vegas(パーク エム・ジー・エム ラスベガス)」で新しいショー「Britney:Domination」をスタートし31公演行う予定だったが、残念なことに現地時間4日、ショーのキャンセルが発表された。

ブリトニー・スピアーズは表明文で、父ジェイミーさんが2か月前に突発性の結腸破裂により危険な状況だったことを告白。ジェイミーさんは28日間入院し、現在は自宅療養中で、完全に回復することが見込める状態だという。ブリトニーは父の命を救ったドクターや看護師、スタッフに感謝を示した。

また、ブリトニーはインスタグラムに幼い頃の自分と若い頃の両親の写真を公開し、ファンにも家族を優先することを報告した。

「新しいショー『Domination』で今年、皆さんに会うのをとても楽しみにしていました。ですから、この決断は心が痛いです。ですが、家族を常に最優先にすることは大切なことです。2か月前に父が入院し、命の危機にありました。私たちはみな、父が生きてくれたことにとても感謝しています。ですが、父にとってまだ(完治までの)長い道のりが待っています。私は家族に持てる力のすべてを注ぐ決意をしました。皆さんが理解してくれることを願っています。」

ブリトニー・スピアーズと父ジェイミーさんの絆はとても強く、ブリトニーが辛い時に娘を必死に支えたのが父だった。ブリトニーは2007年に頭を丸刈りにするなど精神的に不安定だった時期について翌年、『Daily Star』で「父が私の命を救ってくれたの。父のためでなかったら、私はここにはいなかったでしょうね。私は決して良い娘だったとは言えないけど、私が生きたいのか分からなかった時に父は自分の仕事や人生を諦めて私の面倒を見てくれたの。父には命の借りがあるのよ」と話していた。

最愛の父のために、大きな決断をしたブリトニー・スピアーズ。父ジェイミーさんが無事に回復し、ブリトニー自身も笑顔で仕事に復帰してくれるのを待ちたい。

(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ