「結婚について考えよう」|エマちゃん

yummy!

2019/1/6 19:00


「結婚について考えよう」|エマちゃん

生まれたときからディズニーの映画を観ればハッピーエンドは「ふたりは結婚しました」
物心がついて好きな人ができれば「私ダイキくんと結婚する!!」
こんな風に私たちは小さな頃から結婚というものが身近にあって、
将来はおのずと結婚して子どもがいるのかなあなんて想像をしている。
でもいざ大人になってみると……
「結婚てなに?」
「なんのために結婚するの?」
「結婚するなら学歴、実家、年収……」
「事実婚でいいよね」
「生涯独身でもいいじゃん」
「うちはオープンリレーションシップで……」
とまあ多様な価値観を目のあたりにするわけです。
結構めんどくさいよね。
でもね、私はこのめんどくさい「結婚」というテーマについて、
ちゃんと考えるのって確実に自分のためになるよなあと思っている。
それは「自分の幸せを真剣に考える」時間になるから。

「結婚は仕事さがしと似ている」



仕事をさがすさまは人によって様々だ。
子どものときからなりたい職業が決まっている人もいれば、
学生を卒業するからと適性診断を受けて合いそうな仕事を見つけようとしたり、
ずっとバイトしていたところでそのまま仕事をする人もいて、
そもそも仕事なんてしない人もいる。
多くの人は仕事のあり方について真剣に考える時期がある。
それが毎日の自分のあり方に影響し、将来の自分をカタチづくるから。
だから自分の意思で多くのことを決めた方がいいし、
自分のことを知っていた方がいいし、
自分にとってメリットが多い方がいいし、
いい縁に恵まれやすいようにしていた方がいいし、
苦手なことはやり続けない方がいいし、
得意なことだったり好きなことができるといいよねって。
結婚もまさしくそうで。
まず自分の意思で多くのことを決めた方がいい。
親や親戚がこう言ってるから……
普通はこうするものだから……
もう何歳だから……
とか、いらんいらん。
全部自分が決めたらいい。
結婚するのも、子ども生むのも自分が決めたらいい。
ついでに言えば好きなひとが出来なくったっていいし、
好きなひとが男だろうが女だろうがいいわけで。
一番大事なのはあなたがそれで幸せかどうか、納得できているかどうか。
ってだけ。
あなたが幸せで納得しているのであれば、
それにともなってあなたのことを愛している家族も友人も幸せでしょう。
自分が一番認められて嬉しいのは、「自分」だから。
だから自分が納得できるかようには力注いだ方がいいよね。
そして幸せで納得している状態でいるには、
何はともあれ自分のことをよく知っている必要がある。
「私ってこういう人と一緒にいると幸せを感じるなあ」
「人のこういうところ、私はいくらでも許せるな」
「私ってこういうところが悪いところだけど、こういうところはいいところだよね」
「お金にはそこまで興味はないけど、見た目は大事だな」
「実は子ども嫌い」
「結婚しても恋愛していたいな」
とかね、なんでもいいのだけど良いところからゲスい部分までとにかく素直な自分を知っておく必要がある。自分の心の中のことだから飾りたてないでいい。
世の中で“良い”とされることを無理やり自分もそうだと押し通して、
毎日が平穏に過ごせるわけはない。パンクする。
だから自分にとっての価値観と、幸せと、不幸はよく知っておいて
普段からアウトプットしておいた方がいい。
そうするとね、仕事もそうだけど人間もあなたの望むものが寄ってくるようになるから。
ちなみにこの段階で一番必要ないのは
「競争心」「虚栄心」「復讐心」
○○ちゃんより勝っていたい。
幸せに見られたい。
見返してやりたい。
こんな気持ちで大切な物ごとを判断しだしたら盲目となり間違いだらけの選択をする。
なぜかってこういう気持ちにはキリがなく、常に上には上がいる状態になってしまい自分に自信がつかず肯定感の低い状態から抜け出せないから。
自分の心をくもらせる感情は1秒も持たない方がいい。
「私はそういう感情を持ちません」と心に誓った方がいい。
持ってしまうのが環境だったり、周りの人間のせいなら離れた方がいい。
そこに潔くて、逃げるのが早くて、損することはないから。
どんな状態であろうとも人生は自分で決められることを忘れずに。
人にはすごいパワーがあってわりとなんでも出来るし、
たいていのことも叶えられることを忘れずに。
自分の思い通りの人生を生きようね。
(エマちゃん/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ