大阪の新・ラーメン激戦区は肥後橋!続々登場する新たなハイレベル店5杯を紹介

Walkerplus

2019/1/6 18:00

イタリアンの二毛作や鯛担麺など、個性的なラーメン店が急増している肥後橋界隈。その勢いは本町や阿波座にも飛び火し、新たな激戦区として話題を集めている。今回は注目の5杯をご紹介!<※情報は関西ウォーカー2号(2019年1月4日発売号)より>

■ 洋食の魅力を注ぐ和洋混在の一杯を

イタリアン「キオッチョラ」の2号店「コッチネッラ」は、昼はラーメン、夜はイタリアンの二毛作。味変ジュレやスープに使う鶏ガラをオーブンで焼く調理法など、和と洋が調和した魅力で話題に。

宗田鰹オイルと塩のジュレを入れるとコクのある塩味に。

■コッチネッラ<住所:大阪市西区京町堀3-3-29 時間:06-6479-1339 時間:11:30~14:00(LO)、18:00~22:00(LO)、金曜土曜18:00~26:00(LO24:30) 休み:木曜 座席:6席(カウンターのみ) ※ディナーの場合15席(カウンター10、テーブル5) タバコ:禁煙 ※21:00から喫煙可 駐車場:なし アクセス:地下鉄阿波座駅より徒歩5分>

■ 濃厚さがクセになる魚介系新型担々麺!

フレンチなどで修業を重ねた店長が営む鯛担麺専門店 抱きしめ鯛。上質な鯛を使用したスープやオイル状のスパイスなど、独創的な仕上がりがラーメンファン以外からも支持されている。

鯛の身入りの豚ミンチを溶かしながら味の変化を楽しむのもおすすめ。

鯛の香りが漂い、明るく清潔感にあふれている。

■鯛担麺専門店 抱きしめ鯛<住所:大阪市西区江戸堀1-23-21 ビエラ江戸堀1F 電話:06-6225-7747 時間:11:00~14:30(LO)、17:30~22:00(LO) 休み:日曜 座席:21席(カウンター5、テーブル16) タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:地下鉄肥後橋駅より徒歩5分>

日本酒専門店が生み出す酒に合う魚介醤油の新境地

日本酒専門店「山中酒の店」が手がける、“日本酒に合う”がコンセプトの店、やまなからーめん。魚介スープの素材や日本酒はつねに仕入れを変えるため、行くたびに新たな味に出合えると人気を集めている。

節系ベースのスープは日本酒にピッタリな味わい。モッチリ麺も抜群。

木製の椅子やカウンターは居心地がよい。

■やまなからーめん<住所:大阪市西区西本町1-5-19 2F 電話:06-6541-2988 時間:11:00~14:00(LO)、17:00~21:00(LO) 休み:日曜、祝日 座席:12席(カウンターのみ) タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:地下鉄本町駅より徒歩5分>

■ 食べ応え十分!角煮100gの大迫力

「金久右衛門」出身の店主が、ビジネス街で勝負できる店を目指してオープンしたびじねす食堂。ボリューム満点の角煮かチャーシューを選べるほか、鷹取醤油を使った濃い目のスープも好評!

約100gの角煮がどっさり。9種の魚介が入る鶏ガラスープはあっさりめ。

■びじねす食堂<住所:大阪市北区中之島3-2-30 京阪渡辺橋駅構内 電話:06-6232-0833 時間:11:00~23:00(LO22:30)、土曜11:00~18:00(LO17:30) 休み:日曜、祝日 座席:14席(カウンター4、テーブル10) タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:地下鉄渡辺橋駅と直結>

■ 名店出身の技と型破りな空間が話題

有名店出身の店主が作る「田中の中華そば」の中華そばは、鶏ガラに昆布やカツオなどを加えた旨味が際立つ一杯。洗練された空間や、のれんのないスタイルもクチコミとなり注目されている。

フスマ入りの麺は香りが芳醇。肩ロースのレアチャーシューも絶品!

■田中の中華そば<住所:大阪市西区靱本町1-18-23 ウルトラビル1F 電話:非公開 時間:11:00~15:00(LO)、18:00~22:00(LO)、日曜祝日はランチのみ ※売切れ次第終了 休み:月曜 座席:7席(カウンターのみ) タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:地下鉄本町駅より徒歩3分>(関西ウォーカー・関西ウォーカー編集部)

https://news.walkerplus.com/article/174097/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ