5人の少女が死亡した「脱出ゲーム」施設の火災 ガス漏れが原因か

しらべぇ

2019/1/6 17:30

(vchal/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
4日にポーランド北西部コシャリンで発生した脱出ゲーム施設の火災の原因が、暖房設備内のガス漏れである可能性があると現地の捜査員が明かした。

当初、違法な電気配線およびずさんな安全対策による火災と見られていたが、捜査を進めるうちに暖房システムでガス漏れが起こっていたことがわかったという。

■施設の受付付近で火災が発生


犠牲者となった5人の少女は7.3平方メートルほどの部屋で発見され、一酸化炭素中毒で死亡したとされている。また、施設従業員の男性(25歳)が火傷を負って病院に運び込まれた。

捜査当局では、受付のある待合室で火災が発生したため従業員が少女たちを避難誘導することができなかったと見ている。従業員の容態が安定してから事実確認を行う。

■人気の脱出ゲームだが防火要件はなく


「脱出ゲーム」とはクイズを解きながら密室を抜け出すゲームで、世界中で人気を集めているアトラクション。ポーランドの内務大臣は国内に1,000以上もある同様の施設で防災体制の確認を急ぐよう指示し、点検作業は5日から開始された。

これまで脱出ゲーム施設専用の防火要件は定められていなかった。

モラヴィエツキ首相は遺族に対して哀悼の意を表し、地元の行政は家族への精神的支援を行っている。少女たちが通っていた学校では生徒へのカウンセリングが始まり、また火災のあった現場には花を手向け祈りを捧げるために多くの地元住民が訪れた。

■悲劇を繰り返さないために


ネット上では国の防火対策や施設の安全体制に対する批判が相次いでいる。

「政府が安全基準を決めていなかったから5人もの尊い命が奪われた」

「同様の悲劇が繰り返されないようにしてほしい」

「このような施設でのルール自体が見直されるべき」

■身近で火災が起きたら


しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,363名を対象に行った調査では「救急車・消防車が家の近くに止まったら、外に見に行くほうだ」と答えた人が全体の約3割いることが判明した。



近隣で火災が起これば、不安に思い様子を見に行くのが人の心情というもの。とくに子供たちが利用する施設の安全性を担保するためには、施設運営者が厳しく管理の目を光らせるとともに、行政による防火要件や安全基準などの施策が欠かせない。

・合わせて読みたい→子供2人で留守番中に火事、10歳弟死亡か 「つらすぎる…」とネット民絶句

(文/しらべぇ編集部・鈴木 もなみ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ