百田尚樹さん「『日本国紀』がブックオフに大量に並んだら作家を辞めてもいい」 ブックオフ「結構あるけど…ね…」



昨年2018年11月に「日本国紀」を上梓した作家の百田尚樹さん。同書はさまざまな批判を受けたもののベストセラーとなり、安倍晋三首相(@AbeShinzo)が年末年始の読書用に購入したとSNSで明かすなどして話題となっている。

同書発売前の10月22日、百田さん(@hyakutanaoki)は


自慢します!
『日本国紀』は、めちゃくちゃ面白いです!!
私は通してもう20回以上読み直していますが(部分的には100回以上!)、毎回、面白さに夢中になります。どのページを開いても面白いのです!
こんな面白い歴史書は他にありません。
自分が天才と確信しました


とツイート。それに対し、とあるユーザーが


わいはブッコオフ狙いや。


と返信したところ、百田さんは


ブックオフには出ないと思います。

なぜなら、読み終えた後、「ずっと持っていたい!」「繰り返し、何度も読み返したい!」と思うはずだからです。

もし大量にブックオフに並んだら、作家として私の完敗、いや、物書きの資格なし、です。

作家を辞めてもいいです。


とツイートを行っていた。

2019年1月5日、ブックオフ座間警察署前店 (@bookoffzama)は百田さんの「もし大量にブックオフに並んだら」のツイートを引用し


…結構あるけど…ね…


とツイートを行った。話題となり多くのリツイートや「いいね!」を集める。

「そういったツイートはいかがなものか」

といったような返信も寄せられる一方で、

「ワロタ」

「サイコー」

「これは火の玉ストレート」

といったような、ツイートを支持する返信も多数寄せられていた次第である。

※画像は『Twitter』より

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ