TBS吉田明世アナ、“古巣”サンジャポに生出演! フリー転身発表の経緯を告白

1月6日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)に、1月いっぱいでTBS退社の意向を自身のInstagramで発表した、サンジャポ6代目アシスタントの吉田明世アナウンサーが1年以上ぶりにスタジオ生出演。フリー転身宣言に至る経緯を告白した。

まず吉田アナはロケ先に登場し、西川史子から「(サンジャポ見ていて)宇垣(美里)さんと山本(里菜)さん、どっちがいいですか? どうせ(TBS)辞めるんだから言っちゃって」と後輩である宇垣アナと山本アナについて質問されると、吉田アナは「どっちもね、ホントかわいい後輩なんですけど…、まぁ宇垣アナの方がサンジャポに向いてるのかな」と宇垣アナを推薦。

この発言に山本アナは怪訝な表情を浮かべ「誰も味方いないんですよ。だってまずそもそもスタッフの対応が違うんですよ。(楽屋に誰がいるかを表す)バリが貼ってあるじゃないですか。そのバリが宇垣さんはカラーで私白黒なんですよ。何それ!?」と不満を漏らす。

西川から「それをどうやって打開しようと思ってるの?」と質問されると、山本アナは「それを相談したくて(吉田)明世さんと仲良くさせていただいていたのに、その明世さんがいなくなっちゃったら、私は誰を頼ればいいんですか?」と吉田アナに逆質問。

吉田アナは「もうね、一人でやっていくしかないからね…」と突き放し、山本アナは納得いかない表情を浮かべた。

その後、吉田アナはスタジオにも登場し「娘が産まれてから1度会社に復帰していまして、育休を取らずに会社で取れてなかった休み(有給)を消化中です」と説明。

司会の爆笑問題・田中裕二から「いつ頃フリーを(考え始めたの)?」と聞かれると、吉田アナは「会社の休みが1月で終わるので、活動し始めるのは来月(2月)から働こうかなって思ってるんですけど。(フリーを)考え始めたのは、娘が産まれて子育てをしていく中で、徐々に気持ちが固まっていった感じです」と経緯を語った。

山本アナから「以前から爆笑問題さんには(フリーを)ご相談されていらっしゃったんですよね?」と問われると、吉田アナは「そうですね。楽屋にお邪魔させてもらった時に」と相談していたことを明かす。

西川からの「どこいくんですか? 事務所?」の質問に、吉田アナは「ちょっとまだこれから検討して。これから決めたいと思います」と、所属先は検討中であることをコメントした。

さらにデーブ・スペクターから「(TBSを)辞めたいんじゃなくて、(TBSに)毎日出社するのをちょっと辞めたいんじゃないですか?」と質問されると、吉田アナは「毎日出社したくないというわけではないんですけど、娘の成長を近くで見守りながら、はい、自分のペースで働きたいなと」と心境を説明。

田中が山本アナに「こうやってここにいた人(アシスタント)、ほとんど皆さんフリーになられてますけど、そういう気持ちになったりするんですか? 何か考えてたりするの?」と問うと、山本アナは「そうですよね、(田中)みな実さんもそうですし、(青木)裕子さんもそうですし」と前置きした上で、「全く考えてないですよ。本当に。TBSに骨を埋めるつもりで頑張っていきます」とこれを否定。

TBSに8年在籍した吉田アナは「まだまだ頑張ってもらいたいです、山本ちゃんには」と後輩に笑顔でエールを送り、話題を締めくくった。

次回の「サンデー・ジャポン」は、1月13日(日)より放送予定(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/174902/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ