三宅裕司 スキーで左大腿を骨折し手術…今後の仕事は「医師の指示のもと」

 俳優の三宅裕司(67)がスキー滑走中に転倒し、左大腿骨転子部を骨折するケガを負ったことを、自身が主宰する劇団「スーパーエキセントリックシアター」の公式サイトで6日に発表された。

 「三宅裕司の療養について」と題し更新。「すでにラジオで三宅本人よりご報告させていただきましたが、スキー滑走中に転倒し、左大腿骨転子部を骨折する怪我を負いました」と報告。すでに手術は終えているといい「完治まで2、3カ月という診断を受けておりますが、怪我の影響がない仕事については、医師の指示のもと、できる限り行って参ります。また、既に収録済みの番組に関しては予定通り放送致します」とつづった。

 続けて「応援してくださる皆様、関係者の皆様にご迷惑とご心配をお掛けしますこと、心よりお詫び申し上げます。一日も早く元気な姿を皆様にお見せ出来るよう、努力致します。今後の活動につきましては詳細が決まり次第、オフィシャルサイト等で発表させて頂きます」と報告した。

 三宅は、昨年7月に前立腺肥大症の治療で休養。8月にラジオ「三宅裕司のサンデーヒットパラダイス」で復帰していた。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ