HY仲宗根泉、マツコと失恋話で意気投合! 名曲「366日」の誕生秘話も


沖縄在住バンド・HYの仲宗根泉が、8日に放送されるTBS系バラエティ番組『マツコの知らない世界SP』新春2時間スペシャル(20:57~)にゲスト出演。本人の実体験をもとに、「失恋ソングの世界」をマツコ・デラックスに語る。

2012年、28歳の時に5歳年下の男性と結婚、出産と今は幸せいっぱいの家庭を持つ仲宗根だが、それまでは失恋の連続だったそう。失恋で傷ついた時に、実体験に似た失恋ソングを聴くと、悲劇のヒロインになりきって思いっきり泣いて心を浄化することでスッキリできたという。

中学1年の時、友達に「いける!」と乗せられ、公衆電話から告白するも、「友達にしか思えない」とあっさり断られ、帰りのバスの中で大号泣。その時に心の傷を癒してくれたのが岡本真夜の「Alone」で、「歌詞の通りに行動することで、登場人物になりきって乗り切った」と明かす。その後も、相談相手が彼を好きになる典型的な略奪型や、二股型など、あらゆるジャンルの失恋を経験したが、その度に、失恋ソングに救われているという。

そんな仲宗根の話を聞いているうちに、自身の失恋体験を思い出したマツコ。恋人と別れ、タクシーの中で泣いてしまったマツコを見て、運転手がかけた“忘れられない言葉”など、マツコの失恋秘話も明かされる。互いの失恋体験談を語り合い、すっかり意気投合したマツコと仲宗根が、自身の恋の傷をいやした「平成&昭和の名曲」をたっぷり味わい尽くす。

また、自身も失恋ソングのヒット曲を生んでいる仲宗根は、失恋の痛みを感じた“その瞬間”に歌詞を書いてきた。大ヒット曲「366日」の誕生秘話なども明かされ、仲宗根が「失恋ソングの女王」と呼ばれる由縁をひも解いていく。

(C)TBS

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ