「無理しない、嘘は書かない。私が3年ブログを続けられた理由」まなき【園子の部屋#9】




編集者/ライターの池田園子が、そのときどきで気になる人、話を聞きたい人に会いにいく連載企画「園子の部屋」。第9回目は暮らし全般にまつわるブログ『まなきのなるようにするさ!』を運営するまなきさん(以下、敬称略)。
私が当時とある超低用量ピルを検索していると、まなきさんの書いた記事が検索画面上位に表示されリンク先を見にいったのが、こちらのブログとの出会いでした。

良いところも、悪いところも正直に書く



池田: 超低用量ピルの記事経由でブログを知りました。とても中立的な記事だったので、引き込まれたのを覚えています。

まなき: ありがとうございます! 書いている方が少ないせいか、検索流入が多い記事ですね。私自身、ピルを飲み始める前に、いろいろな記事を読んだところ、メリットと注意点の両方を書いている記事に背中を押してもらいました。だからこそ、自分もそういう記事を書けたらと思ったんです。

池田: その後、「黒いG」に関する記事を読み漁りました。私も夏に2度、黒いGが部屋に出て、まなきさんと同様、ストレスフルな時期を過ごしていました。あのとき、記事に出会っていれば……。

まなき: 読んでいただいてうれしいです。ヤーズフレックスもそうですが、特に黒いGに関する記事は一番反響が大きかったですし、今でもこの記事が新たな読者さまの入口になっていることも多いです。

池田: やっぱり!

常に読み手の立場に立って書く

まなき: はてなブックマークがたくさんついたり、SNSで言及されたりして、波及していきましたね。靴下の穴を補修するアイデアを綴った記事も、黒いGの記事と同じくらい人気でした。

池田: とても実践的な内容にまとまっていましたよね。

まなき: 読者の方と同じ目線に立って、リアルな経験に基づいて、できるだけ読みやすく、わかりやすく書くことは意識しています。

池田: 文章にどこか、親しみやすさがありますよね。

まなき: 語りかけるように書く、というのは大事にしています。文章を読むのも好きなんです。特に人のブログはたくさん読んでいます。そのなかで「読みやすいな」と感じた文章からヒントを得つつ、自分らしさを出すようにはしていますね。

外を歩いて記事ネタを見つける



池田: 記事のネタはどうやって得ていますか?

まなき: 雑誌や本はわりと読むほうだと思います。あとなんだろう……なるべく外に出かけるようにもしていますね。ネットだけ見ていると、どうしても視野が狭くなるので。

池田: リアルの場面から得られるものは多いですよね。人と会話をしているだけで、何かひらめくこともあります。

まなき: わかります。友達と話しているときに、私ってこういう考え方をしているんだな、と気づくことがありますね。それが記事のネタになることも。

池田: 今はいろいろなカテゴリの記事を書かれていますよね。心や体・お金・美容・節約……多岐に渡っていて。ブログを始めて間もないときも、いろいろなテーマで書いていたんですか?

ブログを続けるコツは「無理しない」!

まなき: 最初から書きたいことを書いていました。洋服のデザイナーをしていたので、服やライフスタイルに絞って書こうとしたこともありますが、自分の強みが何かわからなくなり、悩んだ時期があったんですね。

池田: 絞り込むと、「そのテーマしか書けない」ことにストレスを感じることもありそうな気がします。

まなき: 私の場合、無理しないことが大事だな、って思ったんです。というのも、ブログをメインに生活するブロガーではないので。記事執筆頻度についても、2日に1回は書こうとがんばった時期がありました。でも、そうなると義務感が出てくるんですよね。

池田: 書きたいものを自由に書くはずの場で、「書かなければ」とプレッシャーを感じるのはつらいかも……。

まなき: そうなんです。気持ちが向いたときに書くようにしています。なので、しばらくブログと向き合わない時期も普通にありますね。

ブログからの出会い、広がりがうれしい

池田: ブログを始めてから、どんな変化がありましたか?

まなき: 新しい出会いがあったのが、大きな変化だと思います。普通に生活しているだけだと、家や家族、職場など、“生きる場所”がどうしても限られます。だけど、読者の方や池田さんのような個人、企業など、ブログの問い合わせフォームから連絡をくださる方も増え、世界が広がったなと感じています。

池田: 発信しているからこそ生まれる出会いですよね。

まなき: はい。自分の生きる場所はたくさんあるんだなと、救われる気持ちにもなりましたね。もし「誰にも相談できない……」と何か悩んでいる方がいたら、ひとりじゃないから安心してと伝えたいです。

池田: 今後、ブログを通じてやりたいことはありますか?

まなき: 私にとってブログは手段のひとつ。ブログからいろいろと活動が派生していくのが理想です。困ったり、悩んだり、助けを求めたりする方がやってきてくれるので、SHOWROOMなどの配信サービスを使って、直接相談や会話ができる場を設けるのもいいな、と考えています。

▽ ゲスト/まなきさん



ブログ『まなきのなるようにするさ!』を運営。元ファッションデザイナー。洋服のお手入れ、お直し、心や部屋のお掃除の話などを中心に、さまざまなカテゴリの記事を発信。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ