香川県に初めて行った東京都民ドン引き 「さぬきうどんはほぼ麻薬」ということに気づく

しらべぇ

2019/1/5 19:00


さぬきうどんの本場といえば、四国の北側中心部に位置する香川県。香川県以外でも丸亀製麺やはなまるうどんなどの全国チェーンがさぬきうどんを提供しているので、ほとんどの人がきっと食べたことがあるだろう。

記者(私)はチェーン店のものしか食べたことがなく、本場でさぬきうどんを食べる機会もなかったのだが、先日香川県へ旅行へ行ったときに、初めて本場のさぬきうどんを食べることができた。

■SAのうどんがウマすぎる




香川県で初めて食べたさぬきうどんは、津田の松原サービスエリア内にあるセルフうどん店『あなぶき家』。どうせ本場といってもチェーン店に毛が生えたぐらいのウマさだろうと思い、タカをくくっていると…



な、なんやこの絶妙なテクスチャーのうどんは! コシがありつつも柔らかさも十分、ぶっかけうどんのつゆの風味もセルフサービスの域をはるかに超えているではないか!

■神社のうどんもウマすぎる




サービスエリアのうどんがウマすぎた感動の余韻に浸りつつ、次に向かったのが高松市にある田村神社で、日曜のみふるわまわれる150円のうどん。専門店のものではないし、150円の安いうどんだったので期待していなかったが…



はい、ウマすぎました。麺の美味しさもさることながら、つゆに使われているおだしがとにかく素晴らしい。動物性の旨味だけでなく植物性の旨味もしっかり感じられ、500円以上してもおかしくない本格派のうどんだったのだ。

■ホテルのバイキングうどんもウマすぎる




その日は高松からフェリーに乗り小豆島へ泊ったのだが、ディナーのバイキング中にもうどんが食べたくて仕方ないほど、すでに脳がさぬきうどんに支配されていた。



そこでバイキングの片隅で茹でられていたフツーのうどんに小豆島の醤油をかけて食べたのだが、これがまた失神するほどウマい。うどんはフツーだが、醤油が美味しいのでコレだけで何杯でもイケそうな絶品に仕上がっているのだ。

■キッコーマンの醤油うどんもウマすぎる




小豆島から帰ってもまださぬきうどんが食べたかったので、次はまんのう町にある製麺所『三嶋製麺所』へ。



こちらは店で打ちたてのうどんに、卓上にあるフツーの醤油や味の素をかけて食べるため、さすがに感動しないと思いきや…



ありえない。ありえないよ…うどんにキッコーマンの醤油かけるだけで、なんでこんなに美味しいんだ? 麺のコシと柔らかさが最高点に達しているので、どんな味付けでもMAXウマくなってしまうらしい。

■丸亀市トップの人気店もウマすぎる




次に訪れたのは、丸亀市でトップクラスの人気を誇るさぬきうどん店『よしや』。



もう言うまでもないが、ありえないぐらいウマい。どれぐらいウマいのかというと、ぶっかけうどんに薬味をのせたことを後悔するほどウマい。つゆと麺が究極レベルなので、もうほかに何もいらないのである。

■東かがわ市の名店もウマすぎる




最終日は徳島空港から帰るため、徳島のホテルに泊まりさぬきうどんを食べる予定はなかったのだが、どうしてもさぬきうどんを食べないと気がすまなくなっていたので、徳島県のすぐ西にある東かがわ市の名店『吉本食品』へ。



こちらの釜揚げうどんは、まるで天使のほっぺのような柔らかさで、つゆにつけて食べるとその優しくもしっかりした風味に失神寸前になる。



ホテルの朝食を抜いて来たことが大正解だと思いつつ、まださぬきうどんが食べたかったのでお隣のさぬき市まで車をいつの間にか走らせていた。

■さぬき市のうどんもウマすぎる




最後に訪れたのは、さぬき市の醤油蔵をリノベーションして作られたうどん店『溜』。こちらでは梅干しとかつおぶし、とろろが入った『溜うどん』を注文。



とろろは粗くおろしてあるのでシャキシャキした食感も楽しめ、かつおぶしも梅干しも良いものを使っているため素晴らしく美味。コレに溜自慢の醤油をかけ、ゆでたてのうどんに和えてズズッとすする。ラストにふさわしい、最高のうどんであった。

■麻薬レベルの中毒性を持つさぬきうどん

悪循環画像ジェネレーターにて作成)
思い返せば香川県にいた2日間、ほぼうどんしか食べていなかった。香川県へ行くまでは毎食うどんなんてありえないと思っていたが、いざ行ってみると毎食うどんを食べないと気がヘンになりそうなほど、さぬきうどんにハマっていたのだ。

東京に帰ってからもさぬきうどんへの愛は衰えず、私の中をさぬきうどんの美味しさがいまだ駆け巡っている。さぬきうどんの中毒性はほぼ麻薬と言っていいほど、依存性が強いのではないだろうか。

もちろん麻薬のように健康被害はないが、香川県へ行き本場のさぬきうどんを食べるときは、うどん中毒になることを覚悟して行こう。

・合わせて読みたい→埼玉県の田舎で絶品の長崎ちゃんぽんやカツカレーが食べられる奇跡の店『キッチン長崎』

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ