広島市民がこよなく愛する洋食店で味わう絶品のすき焼き / 広島県広島市の「肉のますい」

GOTRIP!

2019/1/3 15:36

日本各地にはそれぞれの街や地域の方々がこよなく愛し、磨き上げられてきた絶品グルメが必ず1つや2つ存在する。

しかしその絶品グルメは、ほとんどの場合地元の人にとっては「常識」や「当たり前」のため、その街や地域以外の人にはなかなか知られることがないのが、現状である。

例えば、愛知県・安城市にある「北京本店の北京飯」や広島県・広島市にある「陽気のラーメン」、石川県・金沢市にある「グリルオーツカのハントンライス」、新潟県・新潟市にある「みかづきのイタリアン」、大阪府・大阪市にある「かどやの豚足」、長野県・上田市にある「日昌亭の焼きそば」北海道・札幌市にある「だるまのジンギスカン」などなど、さまざまな美味しいグルメがキラボシのごとく日本各地に輝きを放って存在している。

今回はそんな絶品の地方グルメの中から、広島県広島市で多くの肉好きを唸らせてきた名店「肉のますゐ(ますい)」をご紹介したい。

・創業1956年(昭和31年)の広島が誇る老舗洋食店、それが「肉のますゐ(ますい)」

お店の創業は1956年(昭和31年)。

1956年(昭和31年)と言えば、朝鮮戦争による特需によって急速に日本が戦後から復興し、経済白書に「もはや戦後ではない」という言葉が記され流行語ともなった年。

世間では故・石原裕次郎さんが日活映画「太陽の季節」でデビューし、映画館新築ブームが到来、日本が国連加盟が可決され、国際社会に正式復帰し、経済が上昇曲線を描きはじめていた、そんな時代に、こちらのお店は産まれたのだ。


・絶品のすき焼き
こちらのお店では様々な美味しいメニューが提供されている。

自慢の牛肉料理に、鶏肉料理、トンカツに、カレーなどなど、様々な美味しいメニューが目白押しだ。



その中でも特にオススメなのがすき焼き。


美味しい肉を仲居さんが絶妙の加減で焼いてくれる、丁寧なすき焼き、それが「肉のますゐ(ますい)」自慢のすき焼きなのだ。

まず肉だが、ロースであるにもかかわらずしっかりとサシの入った美しい色。


これを熱々の鉄板の上に牛脂を引いて、丁寧に仲居さんが仕上げてくれるのだから、美味しくない訳がない。


しっかりと卵を溶いて、肉をくぐらせれば、えも言われぬ美味しさが、口の中いっぱいに広がっていくのだ。

その味わいたるや、広島の多くの人々を唸らせてきた、そんな歴史ある味わいを感じる事ができる。



もし広島に行く機会があるのであれば、「肉のますゐ(ますい)」に立ち寄って、美味しいお肉のメニューを味わってはいかがだろうか?

きっとそこには、広島市民がこよなく愛してきた、この場所でしか味わえない美味しいメニューがあるに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 肉のますゐ (にくのますい)
住所 広島県広島市中区八丁堀14-12
営業時間 11:00~20:45 
定休日 水曜日、第2火曜日

3802604497_f45a00ea42_b









当記事はGOTRIP!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ