松井玲奈×芳根京子 ロケでの温度差に内村光良「見たか? 今の顔!」

女優の芳根京子が元旦に放送されたバラエティ番組『笑神様は突然に…2019開運初笑いスペシャル』で、スペシャルゲストとして“鉄道BIG4&芳根京子と京都・大阪の旅”のロケに臨んだ。“鉄道BIG4”レギュラーの松井玲奈は大の新幹線好きだが、芳根は鉄道にあまり詳しくない。ロケが進むにつれてそんな2人の温度差が歴然となった。

中川家礼二、ダーリンハニー吉川、ななめ45°岡安、南田裕介、松井玲奈という鉄道マニア5人と付き添いの宮川大輔、そして芳根京子が駅のホームで待っていると、叡山電鉄(京都市)の新型観光車両「ひえい」が入ってきた。

「かっこいい!」「窓窓窓!」「窓、何これ?」「あーもう乗りたーい! この2分が待てない」と盛り上がる5人の話題にはじめは「へー」と聞き入っていた芳根京子だが、京都鉄道博物館を訪れた頃には顔に疲れが出始めたのだろう。

宮川大輔が気遣って「大丈夫ですか?」と声をかけると、「はい、皆さんに教えて頂きながら楽しみたいと思います」と元気に振舞っていた。

一方、松井玲奈は水を得た魚のようで「新幹線0系」を見つけると「すごい久しぶりに会えたのでめっちゃ嬉しいんですけど!」とテンションが上がり「あ~久しぶり~」と手を振りながら新幹線に近づき、嬉しそうにボディータッチする。

次に「500系新幹線」を前にすると「キャーー!」と小躍りして、「ここ! この! この!」とボディーをさすりながら感極まって泣きそうになる。その姿に中川家礼二をしても「さすがに俺らもちょっと引いてる」と距離を置くほどだ。

さらには「あと一個だけ」と切り出す松井。「これの写真を撮りたい」と「500系新幹線」をお気に入りの角度から撮影しようとして、カメラを回す宮川に「大輔さんそこちょっとのいてもらっていいですか?」と指示する集中力を発揮した。

「本当に私、今、一番伝えたい!」とシャッターを押した彼女は、その写真を「速く走っているように見える!」「躍動感がすごい グイーンと来る!」と皆に見せて「これを一番伝えたかった、これで今日の私の仕事は終わりです」と充実感に浸っていた。

そんな松井玲奈と反比例するように芳根京子が一気にトーンダウンしたのが、「トワイライトエクスプレス」エリアに入った時だ。正午を過ぎて食事もとらずに見学するなか、“鉄道BIG4”の南田裕介たちが「あ、食堂車!」「スシがありますよ! スシが!!」と声をあげる。

芳根はそれを聞いて「お寿司あります?」「やったー!」と目を輝かせ、宮川も「寿司食べられるよ、京子ちゃん!」と急ぎ足で付いていく。

ところが食堂車のところに来ると、南田たちが「あったあったスシ」と指したのは「スシ241」のナンバーではないか。芳根の顔からみるみる笑顔が消えていった。

その後も鉄道の仕組みを体験するコーナーにあるパンタグラフを動かす模型で、「パンタ上げ!」と言われるままに「いきます!」と操作しながらも無表情の芳根京子。3階のスカイテラスに移動してからも、鉄道ファンにはたまらない最高のトレインビュースポットから実際に線路を見ながら「新幹線が来た!」「あれはN700A」「ラージA! Aが大きいでしょ!」と歓声を上げる“鉄道BIG4”の横でも、芳根は無感動な眼差しを向けるだけであった。

MCの内村光良はスタジオでVTRを見ながら芳根の表情に「何かかわいそうだった。やらされてる感満載」とコメント。“鉄道BIG4”へ「見たか? 今の顔!」と詰め寄ると、南田や礼二も「喜んでくれていると思ったのに」「今見てすごいショック」と肩を落とすのであった。

ただ、芳根京子はオンエア前の大晦日にインスタで「今年もめちゃくちゃ楽しかったなぁ!」と鉄道をバックにした記念写真を投稿。元日には「ほぉおおお」と松井玲奈がこだわって撮った「500系新幹線」のショットを公開しており、今回のロケで多少なりとも鉄道への興味が芽生えたようである。

画像は『芳根京子 2018年12月31日付Instagram「鉄道BIG4の皆さまと大阪・京都を巡らせていただきました」「2018年もありがとうございました」、2019年1月1日付Instagram「ほぉおおお」』『吉川正洋(ダーリンハニー) 2018年12月31日付Twitter「笑神様元日放送です。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ