池上彰、2019年ニュース初解説!“世界3大課題”が凝縮した有名リゾートを徹底取材

『池上彰の2019年初解説!日本と世界を見に行く』が、2019年1月2日(水)の21時からテレビ東京系で放送される。番組では、池上彰が今気になっている日本と世界の現場を直接取材し、注目のニュースをどこよりも早く解説する。

正月恒例の“池上彰の報道スペシャル”は、平成最後の年明けということもあり、これまでの『世界を見に行く』と『新春初解説』をドッキングさせた特別版。「改元」の見どころや夏の参議院選挙、10月の消費税の増税に加え、軽減税率を導入しているイギリスの現地レポートなども交えて、市民の生活に関わる知っておきたい情報を池上がわかりやすく解説する。

また今回、池上が注目したのが、「気候変動」「プラゴミ」「借金のワナ」の“世界3大課題”を抱える南海の水上リゾート・モルディブ。その実態を池上が現地ルポと詳細な解説で暴いていく。多くの日本人が憧れるインド洋の楽園の衝撃的な姿には、かつての東京にも重なる部分があった。

また、放送当日に行われる天皇陛下の一般参賀を取材&現地解説するなど、正月らしい企画も。MCは池上のほか、大江麻理子キャスターと相内優香アナウンサーが担当。出演は、高橋英樹、宮崎美子、峰竜太、小島瑠璃子、パックン。

以下は池上のコメント。

<池上彰>
2019年、国内では改元や選挙、消費税の増税があり、国外に目を向けると、米中貿易摩擦やブレグジット、そのほかルノー・日産問題など、番組内でも解説するようにたくさんの変化があります。そうした中で、どうすれば私たちは、日常生活を乗り切ることができるのか?

まず、日本は単独では生きていけませんから、「世界の中での日本」を意識することが大事です。これまでは、いつもアメリカと一緒に行動しておけば、とりあえず大丈夫だったわけですよね。ところがトランプさんという個性の強い大統領になって、恐らくこれから日本に無理難題を言ってくる。一方でロシアや中国が、日本と「上手くやっていこうよ」となってきた時に、日本がその誘いに乗るのか乗らないのか? という、非常に難しい時代になっています。

また、日本は少子高齢化が進んで、これからの医療や年金を考えると消費税を上げざるをえない。そして少子高齢化が進むと外国人労働者の受け入れということになって、ますます外国人労働者が入ってくる。まさに日本が転機を迎える時に、「世界の中での日本」ということを意識してほしいなって思いますね。

新しい年のはじめ、みなさん初詣に行ったり、お屠蘇を飲んだり、のんびりと平和な日本のお正月を楽しんでらっしゃると思います。そうした中「じゃあ今年どうしようか?」と考える時に多くの問題を扱いつつも、まだ正月だからこそ、ゆったりと観ていただける番組をお届けしますので、これからのあるべきことを、ちょっと考えていただきたいな、と思っております。どうぞ楽しみにご覧ください。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ