平成30年、世間を騒がせた日本映画界10大事件!! 宗教映画の跋扈、お家騒動、伝説の大コケ映画……

日刊サイゾー


 平成時代は日本映画界が低迷期にあった1988年から始まった。90年代にはミニシアターブームが起きるが、郊外に次々と建つ巨大ショッピングモールに併設されたシネコンがその勢いを凌駕していく。テレビ局主導による“製作委員会”方式の映画とシネコンは相性がよく、ゼロ年代には邦画ブームが到来。人気ドラマの劇場版から、人気コミックを実写化したキラキラ映画へとフォーマットを変え、現代に至る。一方、高畑勲、宮崎駿という二大天才アニメーターを擁したスタジオジブリは博報堂、電通という大手広告代理店と組み、『平成狸合戦ぽんぽこ』(94)や『もののけ姫』(97)などを大ヒットさせた。平成時代に日本映画界で起きた事件の数々をもとに、この30年間を振り返ってみた。

10)北野武監督、衝撃のデビュー


 平成の日本映画史は、北野武監督の登場によって幕が開いた。映画監督・北野武のデビューは、まさに衝撃的な事件だった。松竹配給の『その男、凶暴につき』(89)は深作欣二監督によって撮影準備が進んでいたが、深作監督が降板するというアクシデントから、主演のビートたけしが監督も兼任することになった。そして北野武監督のデビュー作をスクリーンで観た我々は、言葉を失った。乾いた映像とバイオレンス、説明的な台詞を排したキレのある演出は、従来のじめっとした邦画のイメージを一新させるものだった。深作監督と共に脚本を練り上げた野沢尚は初号試写を見て、自分の書いたシナリオがガタガタにされたことに愕然とするも、「悔しいが、これは傑作だ」と北野監督の才能を認めざるを得なかったと小説『烈火の月』(小学館)のあとがきで語っている。

北野監督は、沖縄ロケ作品『3対4x 10月』(90)、静謐さを極めたラブストーリー『あの夏、いちばん静かな海』(91)でキタノブルーと呼ばれる世界観を確立し、再び主演&監督した『ソナチネ』(93)で北野ワールドは完成することになる。日本だけでなく、欧州でも北野映画は絶賛された。ワーナー・ブラザーズとオフィス北野の共同配給作『アウトレイジ最終章』(17)を最後にビートたけしは、オフィス北野から離脱。監督デビュー以降、北野作品を常にサポートしてきた森昌行プロデューサーとも袂を分かつことになった。2018年12月26日にオンエアされたトーク番組『チマタの噺SP』(テレビ東京系)に出演したビートたけしは「2020年には映画を撮りたい」と語った。ポスト平成時代の北野映画はどんな体制でつくられ、どんな内容になるのだろうか。

9)『紙の月』さながらの横領事件発覚


 事件は「映倫」で起きた。事件が発覚したのは1992年。当時、ヘア論争で注目を集めていた「映倫(映画倫理機構)」だったが、経理担当の女性職員が映倫名義の預金を横領していたことが明るみになった。映画の審査料などが振り込まれた銀行口座から、ほぼ全額にあたる9,200万円を引き出し、そのうち7,700万円を着服していたというもの。「週刊新潮」(1993年1月7日号)によると「また、事務局長印鑑を無断で使用し、小切手を渋谷区内の会社社長あてに振り込んでおり、この社長に貢ぐための犯行という見方が強い」とある。

宮沢りえが日本アカデミー賞最優秀女優賞を受賞した『紙の月』(14)を思わせる横領事件が、映画倫理を守る「映倫」で起きたことに驚いた。女性職員は懲戒解雇処分されているが、「映倫」には映画には詳しいものの経理に明るい職員がほとんどいないために起きた事件だった。なけなしのお金を「映倫」の審査料として支払うインディーズ系の映画監督たちは「映倫」を目の敵にするが、杜撰な経理を行なっていたことへの不信感もあるようだ。

8)監督たちの“理想郷”ディレカンの崩壊


 カルト映画として名高い『太陽を盗んだ男』(79)の長谷川和彦、『狂い咲きサンダーロード』(80)でインディーズ映画の旗手と呼ばれた石井聰亙(現・石井岳龍)、薬師丸ひろ子主演の大ヒット作『セーラー服と機関銃』(81)の相米慎二、ピンク映画出身の高橋伴明ら、気鋭の映画監督たちが集まり、1981年にディレクターズ・カンパニー、通称ディレカンが設立された。監督たちがお互いに協力し、大手映画会社の制約から離れた新しい映画を生み出す理想の創作集団として、大きな期待を寄せられていた。池田敏春監督の『人魚伝説』(84)、相米監督の『台風クラブ』(85)などの名作・佳作を放つものの、『光る女』(87)の興行的失敗、91年には井筒和幸監督の時代劇大作『東方見聞録』(劇場未公開)の撮影現場でキャストが事故死するなどのトラブルが続き、ディレカンは92年に倒産へと追い込まれた。

ホラーコメディ『発狂する唇』(00)などで知られる佐々木浩久監督はディレカンで助監督としてのキャリアを積んでおり、当時の体験を『衝撃の世界映画事件史』(洋泉社)に記している。才気溢れる監督たちが集まったディレカンだったが、予算を管理するプロデューサーは不在だった。佐々木監督は「映画の制作経験のないプロデューサー」を重用し始めたことがディレカン崩壊のいちばんの要因だったと指摘している。スタッフへのギャラの支払いの遅れが目立つようになったディレカン後期からは、高橋伴明監督や黒沢清監督は低予算のオリジナルビデオ作品を手掛けるようになり、90年代のVシネマブームへとつながっていくことになる。

7)名監督のミステリアスな最期


 1980年代~90年代中期の日本映画界は、収面での低迷が長く続いた暗黒時代だった。そんな中で孤軍奮闘の活躍を見せたのが、個性派俳優から映画監督へと転身した伊丹十三だった。51歳にして『お葬式』(84)で監督デビューを果たし、グルメものの先駆作『タンポポ』(85)、業界の裏側を軽妙に描いた『マルサの女』(87)などユニークな作品を続けざまにヒットさせた。日本映画界を代表するヒットメーカーとなった伊丹監督だが、1997年12月20日、伊丹プロダクションのある都内のマンションの下で遺体となって見つかった。

遺書があったことから警察は飛び降り自殺と断定。しかし、暴力団対策法の施行に合せて製作された『ミンボーの女』(92)の公開直後に5人の暴漢に襲われて負傷、さらにそのときの体験をもとにした『マルタイの女』(97)が公開されて間もなかったことから、暴力団関係者を刺激しすぎたのではないかなどの憶測が乱れ飛んだ。

伊丹監督は64歳でその生涯を終えたが、多くのフォロワーを生んでいる。『マルサの女』のメイキングを担当した周防正行監督は『ファンシィダンス』(89)で一般映画デビュー、『マルタイの女』に企画協力した三谷幸喜は『ラヂオの時間』(97)、『大病人』(93)の臨死体験シーンを担当した山崎貴は『ジュブナイル』(00)でそれぞれ監督デビュー。黒沢清監督は『スウィートホーム』(89)のビデオ版の著作権をめぐって伊丹プロと裁判沙汰となったが、彼もまた伊丹監督が早くから才能を認めた一人だった。伊丹監督がその後の日本映画に与えた影響は少なくない。

6)伝説となった平成トホホ映画


 佐藤純彌監督の『北京原人 Who are you?』(97)と並ぶ、伝説の大コケ映画として好事家たちの脳裏に刻まれているのが那須博之監督の実写版『デビルマン』(04)だ。平成トホホ映画を決めるアンケートを実施したら、この2本は確実にランクインするだろう。『ビー・バップ・ハイスクール』(85)をヒットさせた那須監督は、永井豪のカルト漫画を学園青春映画として撮り上げるつもりだったらしい。だが、公開を遅らせてまで完成させた映画は、見せ場であるデビルマンと宿敵サタンとの対決シーンがいきなり2Dアニメになるという斬新すぎる演出で、観客たちを仰け反らせることになった。製作費10億円に対し、興収はその半分だったと言われている。ビートたけしは「第14回東京スポーツ映画大賞」において「これは『みんな~やってるか!』『シベリア超特急』『北京原人』に続く映画史に残る4大おバカ映画」と評し、特別映画賞を贈った。

DVDで『デビルマン』を久しぶりに見直してみた。確かに演技経験のないまま主演に抜擢された不動明・飛鳥了役の伊崎央登・右典兄弟の芝居はトホホすぎ、彼らを追うカメラもおざなりだが、意外なキャストの出演シーンだけは熱が感じられた。原作ではデーモン化した両親にあっさり殺されるススム少年を子役時代の染谷将太が演じており、人類滅亡という絶望の世界をミーコ(渋谷飛鳥)と共に生きていくことになる。染谷と渋谷の出演パートには、スタッフもかなり力を入れていたことが画面から伝わってくる。那須監督は『デビルマン』公開の翌年2005年に肝臓がんで亡くなった。染谷の将来に、明るい希望を感じていたのではないだろうか。

5)邦画バブルに沸き、そして沈んだゼロ年代


 フジテレビの人気ドラマ『踊る大捜査線』の劇場版第2弾『踊る大捜査線THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(03)が実写邦画歴代1位となる興収173.5億円を記録。長澤まさみが大ブレイクした『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)は85億円の大ヒット。テレビ局を中心に映画会社、出版社、DVDメーカーなどが出資しあう「製作委員会方式」がゼロ年代にはすっかり定着し、人気テレビドラマやベストセラー小説の映画化が相次いだ。

邦画ブームに活気づく中、独立系映画会社シネカノンも『パッチギ!』(04)、『フラガール』(06)などのヒット作を放ち、“準メジャー”と称されるほどの勢いを見せた。シネカノンはジャパン・デジタル・コンテンツ信託(JDC)と提携し、2006年から映画ファンドを始めたが、JDCは不正流用を金融庁に指摘されて行政処分に。シネカノンは2010年に総額47億円3000万円の負債を抱え、東京地裁に民事再生法の適用を申請することになった。

2008年には『純喫茶磯辺』(08)のムービーアイ、2010年には『日本以外全部沈没』(06)のトルネード・フィルム、2013年にはトニー・レオン、前田敦子らの出演を予定していた『一九〇五』の製作を進めていたプレノンアッシュが破産。邦画バブルに沸いたのも束の間、映画業界に再び冬の時代が訪れた。

4)ウルトラマンが泣いている


 円谷英二と言えば、『ゴジラ』(54)の特技監督を務め、『ウルトラマン』(TBS系)で怪獣ブームを巻き起こした特撮の神さま。その円谷英二が創業した「円谷プロ」でのお家騒動が表面化したのが2004年。円谷英二の長男・一(2代目社長)の長男が5代目社長を継いでいたが、女子社員から過去のセクハラ行為を訴えられて辞任。次男が6代目社長となるも、従兄弟である4代目社長(円谷英二の次男・皐の息子)の息のかかった役員たちによって「役員会を軽視した」と解任されてしまう。団結力を誇るウルトラマンファミリーと、円谷一族はまったく違った。内紛続きの後、円谷プロは企業買収を得意とする会社に乗っ取られ、円谷一族は一掃されることに。このへんの内情は『ウルトラマンが泣いている 円谷プロの失敗』(講談社現代新書)で詳しく語られている。

その後の円谷プロは、円谷英二時代の現場を知る元カメラマンの大岡新一氏が製作部長を経て、2008年に社長に就任。新作を作る度に赤字になることが当たり前になっていた長年の放漫体質を改め、借金のない健全経営へと立て直した。ちなみに大岡氏は『ウルトラマン』シリーズの中で最も好きなエピソードに、『帰ってきたウルトラマン』(TBS系)の「怪獣使いと少年」を挙げている。「経営についてはいずれ有能な後進に譲り、一カメラマンに戻りたい」(週刊現代2015年11月14日号)と語り、現在は相談役に退いている。昭和から続いた負の遺産を整理した、まさに“帰ってきたウルトラマン”だった。

3)宗教アニメがアカデミー賞ノミネート?


 毎週土曜の午前、国内映画の興収ランキングを紹介している『王様のブランチ』(TBS系)だが、2018年10月は2週にわたってちょっとした異変が起きた。2週連続でランキング1位になった新作映画について、映画コメンテーターのLiLiCoや出演者全員がひと言も口を開かずに映画コーナーを終えたのだ。このとき1位になったのは、アニメ映画『宇宙の法 黎明編』。「幸福の科学」の大川隆法総裁が製作総指揮・原案を務めた作品だった。

2018年5月には清水富美加改め千眼美子がヒロインを演じた、大川隆法の自伝映画『さらば青春、されど青春。』も公開された。また、アニメ映画『UFO学園の秘密』(15)は、米国のアカデミー賞長編アニメ部門に『思い出のマーニー』『バケモノの子』と共に日本代表作品としてエントリーされている。最終的なノミネートに残ったのは『思い出のマーニー』だけだったが、大川総裁がオスカーに近づいた瞬間だった。

宗教団体と映画界の関係をひも解くと、過去には創価学会の初代理事長・戸田城聖を丹波哲郎が演じた『人間革命』(73)が東宝系で全国公開され、その年の大ヒット作『日本沈没』に次ぐ観客動員を記録している。アニメブームの発火点となった『宇宙戦艦ヤマト』が77年に劇場公開された際には、西崎義展プロデューサーは創価学会系の団体「民音」で前売り券30万枚をさばいてもらい、『ヤマト』をヒットへと導いた。映画と宗教は思いのほか親和性が高いと言えるだろう。

2)会社組織は街宣車に弱かった


 日中合作ドキュメンタリー映画『靖国 YASUKUNI』(07)は劇場公開前に大きな波紋を呼んだ。「反日映画だ」と報じた「週刊新潮」の記事を読んだ自民党の稲田朋美国会議員が、文化庁の助成金を『靖国』が受けていることに疑問を投げ掛けたことから、騒ぎが広まった。上映を予定していた銀座シネパトスや都内のシネコンに抗議の電話が殺到し、公開中止を求める街宣車がシネパトスの前に現われた。表現の自由を侵害する行為だという反論もあったが、当初公開を予定していた映画館は、公開中止に追い込まれた。

和歌山県太地町で行なわれているイルカ漁の様子を米国人クルーが盗み撮りしたドキュメンタリー映画『ザ・コーヴ』(09)も2010年の日本での公開前に大変な騒ぎとなったが、肝心の映画の公開が始まると論争は過熱することなく次第に沈静化していった。全体像のよく見えないものや外来者に対する警戒心、恐怖心が騒ぎをよりヒステリックなものにしていたようだ。『ザ・コーヴ』の内容に疑問を覚えた八木景子監督は、自費を投じて反証映画『ビハインド・ザ・コーヴ 捕鯨問題の謎に迫る』(16)を製作し、日本だけでなく米国や各国での上映を続けている。『ビハンド・ザ・コーヴ』の公開時、八木監督が「配給や宣伝まで個人でやったのがよかったと思う。企業だったら抗議メールが殺到していたんじゃないでしょうか」と笑顔で語った言葉が印象的だった。

1)日本の興収No.1映画は……?


 日本映画の歴代興収ランキングは宮崎駿監督の劇場アニメ『千と千尋の神隠し』(01)の308億円が、やはり宮崎監督の『もののけ姫』(97)の193億円を抜いて以来、不動の1位の座を守っている。ところが、宮崎監督の『千と千尋』が日本映画の興収1位という認識は、日本人だけのものだった。新海誠監督の『君の名は。』(16)は国内興収250.3億円を記録し、『千と千尋』に次ぐ2位とされているが、世界興収では中国や韓国などアジア各国でも人気を呼んだ『君の名は。』は3.55億ドル(日本円で約393億円)を稼ぎ、『千と千尋』の世界興収2.75億ドルを上回っている。引退を撤回した宮崎監督やスタジオジブリに対する配慮なのか、このことはあまり大きなニュースにはならなかった。これからは国内興収ではなく、世界興収でランキング発表したほうが、映画業界の活性化のためにもよいのではないだろうか。

(文=長野辰次)

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ