『RIZIN』暴力問題で引退の貴ノ岩参戦は!? 実現したら『紅白』超え確実、消えた“幻のカード”

日刊サイゾー


 大晦日のテレビといえば、『紅白』『ガキ使』とともに、“格闘技”というのが定番。かつて、『K-1』『PRIDE』『猪木祭り』が三つ巴の対決を繰り広げた時代に比べると、スケールダウンしているが、今年も、フジはメイウェザーVS那須川天心が目玉の『RIZIN.14』、TBSは4階級制覇を狙う井岡一翔の世界戦と、大晦日の有力コンテンツであることは変わっていない。

「付け人への暴力で引退した、貴ノ岩の『RIZIN』緊急参戦でもあれば、紅白を脅かすコンテンツとなった可能性もありますが、2月に断髪式が控える中では現実的には難しいでしょう」(テレビ関係者)

かつては、曙VSボブ・サップで、瞬間的ながら紅白の視聴率を上回ったことがあるだけに、話題性のあるマッチメイクをと関係者は毎年、ギリギリまで奔走しているという。

実際、これまでにも実現していたら大変な注目を集めたに違いない幻のカードの情報が浮かんでは消えていった。

「数年前、実際に実現寸前までいっていたといわれるのは、元横綱Aの参戦。相手はヒョードルが予定されており、ヒョードルの方はOKを出していたと言われています。実現しなかったのは横綱Aサイドのギャラ問題が原因でした。1億円ということで一度は合意しかけましたが、間に入っていたコーディネーターが筋の悪い人物で、直前になって3億円と言い出した。この人物とのかかわりがコンプライアンス的にアウトということで、それ以上の交渉を諦めざるを得なかったようですね。ほかにも、謎の格闘家をデビューさせようと、有名格闘家をマスクマンにして出場させようと、本気で計画されたこともありました」(格闘技関係者)

07年には、清水健太郎が突然、格闘技デビューを表明。大晦日への意気込みを大々的にアピールしたことがあった。

「相手に指名したのは、あの押尾学でした。押尾を指名した理由は、『アイツには矢田亜希子ちゃんみたいな嫁さんがいるのに、さらにOLと不倫して女子大生と合コンしてお持ち帰り。許せん!』というものでした。押尾は、この対戦要求を、自身のブログで『格闘技全般観るのは好きだが、出る根性はねえ(笑)』と一蹴。実現には至りませんでした」(芸能記者)

清水は、その後、08年にはひきにげで逮捕。押尾は09年に、麻薬取締法違反などで逮捕。清水は10年に、覚せい剤取締法違反で6度目の逮捕。13年には合成麻薬使用で逮捕されるなど、その後の2人は犯罪歴で競い合うことになった。

そして清水は、18年9月、三田佳子の次男の覚せい剤逮捕を受け、『ビビット』(TBS系)のインタビューに応じ、「絶対に立ち直れる。俺のところに来い!」と語り、注目された。

今度は高橋に対戦要求でもしてみたら――あっさり実現したりするかも!?

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ